交通事故治療のまとめふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

交通事故

交通事故の件数は昔と比べると減ってきているとされています。しかし、現在でも年間4500名ほどの人が交通事故にあっており、これはおよそ2時間に1人の割合となります。

このように身近に起こり得る交通事故ですが、事故が起こった後も大変な状態になります。自身が加害者となった場合には相手方に対しての補償を行わなければなりませんし、自身が事故にあってけがを負った場合には治療が必要となります。経済的な負担が大きいため、車に乗る人の多くは自賠責保険とあわせて任意保険へと加入されていることと思います。

この保険を使用することで、事故後の治療を行うことができ、さらにこれは鍼灸院での治療にも使用することができます。交通事故に遭われた方で鍼灸治療を受けられる場合は、治療を受ける前に「ふたば鍼灸院で治療を行いたい」と伝えてください。

たまに「鍼灸治療はできない」と主張する保険会社もありますが、これは間違いです。鍼灸は国家資格であり、法律でも認められています。

治療費は保険会社が支払うため、交通事故に遭われた患者さんの負担はありません。

また、保険で行う賠償は治療費のみではありません。治療費以外の賠償として、「入通院慰謝料」と「通院交通費」、「休業損害」があります。

鍼灸院を含めた医療機関への通院は本来、交通事故に遭わなければ必要のないはずのものです。交通事故に遭ったために発生した医療機関への入院(日数)や通院(通院回数)に対しての負担(精神的負担も含む)は慰謝料として請求することが可能です。

また、交通事故により通院が困難になり、タクシーや交通機関を用いて医療機関へと通院を行っていた場合には、その負担分も請求することが可能です。

休業損害については、本来仕事をして得ることができる収入が交通事故によって得られなくなってしまうことに対しての賠償です。保険会社に対して給与明細書などの書類を提出する必要があります。

これ以外にも、後遺障害として認定を受けた場合には、「後遺障害慰謝料」と「逸失利益」が別途支払われます。

交通事故に遭われて体に不調が現れた人は、なるべく早くふたば鍼灸院へ治療を受けに来てください。しっかりとした治療を行い、不調を改善していきます。

交通事故に対する記事

交通事故直後の対応

交通事故後の治療費などについて

交通事故の加害者になった場合の対応

保険会社との交渉で困りやすいこと

交通事故後のむち打ち症に対する鍼灸治療

自転車と車の交通事故の治療例

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.