Home » 症例 » 打ち身に対する鍼治療

打ち身に対する鍼治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 

症例

30歳代・女性

少し前から鍼灸治療を受けに来られている患者さん。今までは他の整骨院などで肩に数カ所鍼を刺したことはあっても、本格的な鍼灸治療は受けたことがなかったといいます。

患者さんの持っている症状をすべて聴いていき、それに合わせて全身のツボを使って治療を行っていました。

何度か治療を受けに来られたころに、治療中左腕を気にするしぐさをされました。「どうかされましたか?」と聴くと、前日に腕を机にぶつけてしまって痛みがあるのだといいます。

「それなら、その打ち身も治療しておきましょう」というと、「こういうのも治療できるの?」と驚いておられました。

治療できますよと言いながら、腕を詳しく診ていきます。肘の上のほうが少し青くなっているので「この辺が痛むのですか?」と聴くと、そこではなくもう少し上の方だといいます。患者さんが自分の指で押さえて「ここだ」と場所を教えてくれました。

ここだという場所に対して鍼を刺していきます。鍼は刺した後すぐに抜いてしまう単刺を行いました。また、その場所以外にも私が触診を行い、少し反応が出ているところに対しても数カ所鍼を単刺しておきました。

打ち身に対しての鍼を行い、その他の全身治療も終えてから腕の痛みについて聴いてます。するとまだ違和感はあるものの、痛みはマシになっているということでした。打ち身にも効くのは知らなくて驚いてしまったとおっしゃっておられました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.