Home » 症例 » 転倒後の打撲の治療例

転倒後の打撲の治療例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 

症例

70歳代・女性

ある日、自宅の風呂で転倒してしまったといいます。浴室に入り、湯船に入ろうとした時に滑って転んだようで、右腕、右足首の当たりを打ったといいます。しかし、その後はその部位のところはそれほど痛みがきつくなかったのですが、左脇腹に痛みが出てきたと言います。咳をした時にも響いて痛むということでしたので、治療を行うことにしました。

左の脇腹を触診して、圧痛点を探していきます。軽く指で押さえただけでも痛みがある圧痛点が何箇所もありました。そこで、この圧痛点全てにお灸をすえていきました。八分灸で熱さを緩和するように灸を行います。さらに鍼も行いました。皮膚と水平になるように横刺して、しばらく鍼を刺したままにする置鍼を行います。

右腕にも痛みがあるので、そちらには鍼を単刺することにしました。

この患者さんはこのような痛みが出ると長引く傾向にありますが、治療を行うと1周間ほどで痛みが改善したといいます。咳をしても響くことがなくなって助かったとおっしゃられていました。しっかりと指で押さえて圧痛点をすべて見つけて治療を行ったのがよく効いたのだろうと思います。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.