Home » 症例 » 腰の痛みと肩こりの治療例

腰の痛みと肩こりの治療例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: , , ,

症例

50歳代・女性

普段ほとんど腰に痛みを感じるようなことはないという患者さん。しかし、ある日、腰が痛いと症状を訴えました。

詳しく問診をとってみると、朝起きた時に腰の筋肉をちがえたようになって痛みが出てきたと言います。左の腰が痛く、右はあまり感じていません。寝転がっていて立ち上がるときや、座った姿勢から体を前に倒すと痛みが出てくると言います。立ち上がってしまうと、痛みはマシになって動くことができるようです。

その他、後頭部や肩が凝っており「頭痛が起きる手前の状態」といいます(この患者さんはよく肩こりからの頭痛を起こすため自分でわかります)。肩は左後頸部から左肩が気になっていると言います。首を右に回して左下から指を押し上げるように筋肉を押さえるのが一番こたえると言います。

症状と他覚的所見から筋肉に問題があると判断し、痛みの原因となっている筋肉を鍼で刺激して、緊張を緩和するように治療を行っていきました。

うつ伏せになって腰部を触診します。腰方形筋に硬結が現れ圧痛も見られたため、その硬結を狙って鍼を刺入していきます。

更に「天柱」「風池」「左肩井」「天宗」といった首や肩にあるツボへも鍼を行いました。すべて、刺して刺激を与えたら鍼を抜針するという単刺を行いました。

治療後に体の状態を確認します。最初の腰の痛みを10とすると治療後は3にまで改善されていました。立ち上がりや前傾時の痛みもましになったということです。頚肩のコリもマシになっていたようですが、「まだここが気になるから、もう少しここをやってくれないか」といいます。

患者さんが「ここ」という場所に鍼を行い、もう一度症状を確認すると、さっきよりもさらに楽になったとおっしゃっていただけました。よく効いた症例でした。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.