Home » 症例 » 交通事故後の頭痛に対する治療

交通事故後の頭痛に対する治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

50歳代・女性

数年前に交通事故にあったという患者さん。それ以降、頭痛があるといいます。

頭が締め付けられるように痛くなって、頭がしびれ、不快感があるとのことです。疲れたり、睡眠不足になると必ずと言っていいほど悪化するため、数年間ずっと悩まされている状態でした。

問診時に、「何かこれをしたら楽になるというようなことはありませんか?」と尋ねると、少し考えてから「そういえば、無意識に首を押さえているとその時は楽なような気がする」と話していただけました。

どこを指で押さえているのかを確認すると、後頸部の頚椎(首の骨)の上で「大椎」というツボのところでした。試しに指で押さえてみると、やはり少し楽になると言います。

大椎

そこで、全身治療にあわせてこの「大椎」に対して灸を行いました。灸点紙というシールを貼って、その上から灸を行うようにしていきます。シールを貼ることで灸の痕が残らず灸の熱も緩和されます。灸をしていると熱が頭の方にスーッととおるような感じがあるといい、その後は頭が楽になったということでした。

しばらくは、この治療を続けていると、次第に疲れても頭痛が悪化しにくくなり、1年後にはほとんど頭痛が起こらなくなりました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.