Home » 症例 » 足の甲のツボで頭痛を治す

足の甲のツボで頭痛を治すふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: ,

症例

30歳代・女性

慢性的に肩こりに悩まされているという患者さん。仕事柄パソコンを使うことが多く、いつでも凝った状態だと言います。

さらにその肩こりがひどくなってしまうと頭痛まで起こってきてしまうと言います。肩こりと合わせて頭痛の治療も行うことにしました。

問診を取りながら、腹部を触診します。腹診をしてみると左右の肋骨の下が異様に硬くなってしまっています。

これは胸脇苦満といってストレスなどが溜まってしまって現れる所見です。ストレスは五臓六腑のうちの「肝」に対してダメージを与え、肝の働きが低下してしまします。そこで、肝の働きを良くするためのツボを使うことにしました。

足の甲にある「行間」というツボに鍼を刺し、しばらく刺したままにする置鍼を行います。さらに肝と深い関係にある「胆」も治療するため、同じく足の甲にある「足臨泣」へも置鍼しました。

頭痛・行間・足臨泣

足の甲への鍼を行った後に、もう一度腹診をしてみると先ほどの胸脇苦満が和らいでいました。頭痛の方はどうですか、と確認すると鍼してからだいぶ楽になっているということでした。

その後は肩こりなどの治療も行い、様子を見ることにしました。後日来院された際に、症状についてを確認すると肩こりはまだあるものの、頭痛はだいぶ楽になっているとのことでした。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.