Home » 症例 » 腕の鍼が効いた頭痛の例

腕の鍼が効いた頭痛の例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: ,

症例

30歳代・女性

昔から頭痛がよく起こるという患者さん。頭がギューと締め付けられるようで、たまに軽い吐き気が出ることもあるといいます。

頭痛が起こっても寝込むというほどではないですが、仕事中に起こるとしんどいのを我慢して働くので、イライラし、疲れてしまうといいます。

問診を取り、全身のツボを使って疲れを取りつつ頭痛の治療も行っていきます。

腕にも鍼をしようと触診していると、「手三里」のあたりが非常に張っています。腕には手から肘にかけての筋肉がありますが、この筋肉に沿って縦に筋張っている感じになっていました。そこでこの部に鍼を響かせるようにして刺入を行いました。

更に手の甲にある「合谷」も小さな筋肉が筋張っており、押さえると痛むと言います。こちらにも鍼を行いました。

頭痛・手三里・合谷

鍼を刺したまましばらく休んでもらう置鍼を行っていると、10分ほど経過した時に患者さんが「腕の鍼がよく効いている。頭痛が楽になってきた」とおっしゃられました。

抜針後はうつ伏せになり首や背中、腰などにも鍼を行いました。後日来院された際に様子を伺うと、頭痛は楽になっているようです。ただ、腕の筋肉の筋張った感じはまだ残っていたため、引き続き手三里への鍼は継続して続けています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.