Home » 症例 » 不眠の治療を加えて転倒を予防した症例

不眠の治療を加えて転倒を予防した症例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: ,

症例

80歳代・男性

以前から鍼灸治療を受けておられる患者さん。ある日、体のあちこちに傷ができていました。

びっくりして「どうしたんですか」と尋ねると、転んだといいます。もっと詳しく話を聴いていると原因がみえてきました。

昨晩、早朝に起きてトイレに行こうとした時に足元がふらついて階段を一段踏み外して手や足をぶつけたようです。実は何度かそういう経験があるようで、不眠の薬の影響があるようです。

もともと不眠があり、夜中に何度も起きてしまうために効き目の長い薬を処方されて飲んでいると言います。早朝に目が覚めてトイレに行こうとしたときにも、薬の効果が残っており足がふらついたのだと考えられました。

そこで、転倒時にぶつけた痛みの治療とあわせて、不眠に対しても治療を行うことにします。

いつもの治療にプラスして、「失眠」と「次髎」に灸を行いました。失眠はかかとの真ん中にあるツボで、熱さを感じるまで灸をすることで不眠に対して非常に高い効果を上げることができます。また、失眠も骨盤部にある次髎も体内の水分調整を良くする効果のあるツボです。

次りょう

夜中何度もトイレに行くのは、きちんと水分が排出されず体内に残ってしまっているからで、寝るまでの間にしっかりと余分な水分を出していればトイレにいく回数が減ります。次髎と失眠への灸によって、余分な水分を体外に出す効果を狙いました。

しばらくこの治療を続けていると、ずっとあった足のむくみもだんだんと改善されていきました。よるトイレにいく回数も1回分減ったと言い、薬も効果時間の短いタイプに変えてもらったこともあり、その後転倒することはなくなっています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.