Home » 症例 » 指の腫れぼったさが手三里で改善した例

指の腫れぼったさが手三里で改善した例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

50歳代・女性

五十肩で鍼灸治療を受けておられた患者さん。五十肩はだいぶ良くなり、肩こりや腰痛で引き続き鍼灸治療を受けておられます。

ある日問診で「調子はどうですか」と尋ねると、最近なんとなく指が腫れぼったい気がすると言いました。

話を詳しく聴くと、右手の指が何となく腫れぼったい感じがあり、手をグーパーと握りにくい感じがするといいます。

女性には指の症状が多く、リウマチやヘバーデン結節などの変形性指関節症の可能性もありました。が、指が変形している様子もなく、炎症もなさそうな感じです。

とにかく一度治療をして様子を見てみましょうと言い、指の腫れぼったさの治療も行うことにしました。

複数の指が腫れぼったく握りにくいというので、指そのものではなく、指に繋がる筋肉を狙って治療をすることにします。前腕部にある「手三里」を押さえると圧痛がありました。手三里を押さえながら、その状態のままもう一度手をグーパーしてみてもらうことにします。すると押さえていると握りやすくなると言いました。

手三里

手三里に対して鍼を置鍼し、置鍼の後には灸点紙を貼ってお灸をすることにします。すると、先ほど試した時のように手が握りやすくなったとのことです。

他の肩こりや腰痛の治療も行い、その後様子をみてもらうことにしました。後日来院された際に様子を伺うと、治療してしばらくは良かったようです。が、また少し腫れぼったさが出てきたと言います。もう一度同じように手三里に対して治療を行うと、再び握りやすくなったといいます。それ以降、治療に来られるたびに手三里への治療を行うようにしています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.