Home » 症例 » 耳つぼへの皮内鍼でイライラが軽減している例

耳つぼへの皮内鍼でイライラが軽減している例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 

症例

30歳代・女性

食欲がでて、つい食べ過ぎて困ってしまうという患者さん。ダイエットしたいと思いつつも、食べ過ぎてしまうことから自己嫌悪にもなってしまっているようでした。

そこで、少しでも食欲を抑えて食べ過ぎを防ごうということで耳つぼを行うことにします。

耳を指で押さえていきながら、他とは感覚の違うポイントがあれば教えて下さいといって治療点を探していきます。

耳全体をくまなく探して左右各3箇所ずつ異常点を発見しました。そこで、この点にたいして皮内鍼をすることにしました。

皮膚に沿わせるように小さな鍼を入れてテープで固定します。午前中にテープをつけたので、午後にシャワーなどで頭を洗うぐらいでは外れることもありません。数日から1週間程度ならば貼ったままでも安全だと伝えて、もし食欲が出すぎて困るときにはこのテープを目印にして、自分の指でツボを刺激するように伝えました。

後日来院された際に、その後の様子を伺いました。耳つぼへの皮内鍼をしてから食欲は多少マシですが、まだ食べる量はそれほど変わっていないようでした。しかし、患者さんから「耳つぼをしてからイライラするのが減ってる気がする」と教えてもらいました。

耳つぼは精神を安定させる効果のあるところで、ダイエットに用いるのもこの精神安定作用を利用してのことです。イライラが軽減しているのならば効果は出ていると考えられます。その後も継続して治療を続けています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.