Home » 症例 » 背中の痛みが背骨の灸で改善した例

背中の痛みが背骨の灸で改善した例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

40歳代・男性

肩から背中にかけてが全体的に痛い感じがあるという患者さん。

肩のツボや背中、腰のツボを使って鍼を行い、灸頭鍼によって全体的に温めていました。治療後には楽になったといって帰っていきますが、またすぐに元のような状態に戻ってしまうといいます。

もう少し治療の効果を持続させるために、いい治療点はないだろうかと探っていました。

そこで背骨の上にある督脈という経絡上のツボを触診していきます。上から順に指で押さえていくと、第5胸椎のあたりにある「神道」というツボのところが、異常に圧痛が出ていました。そこで、この神道にたいして灸を行うことにしました。半米粒大にもぐさをひねり、もぐさを燃やした時にもぐさの周囲を竹筒でグッと押さえる深谷灸を行います。

神道

この治療を加えてから、背中の痛みがマシになっている時間が以前よりも伸びたといいます。この方の背中の症状は仕事でのパソコン業務以外にもストレスからきているようでした。神道はそのような精神的な症状に対しても効果の発揮するツボです。背中の疲れとストレスがちょうどここに反応点として現れていたのだろうなと思いました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.