Home » 症例 » 自律神経失調症に対して天柱の灸の治療例

自律神経失調症に対して天柱の灸の治療例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

20歳代・女性

最近になってから急に体調が悪くなったという患者さん。めまいや息切れ、体の疲れやすさがあるといいます。病院では自律神経失調症と言われたといいます。

なにか思い当たる原因はないですかと尋ねました。すると、最近仕事内容が変わったことが関係しているかもしれないといいます。

会社での仕事が急にチームのリーダーになって責任が増したと言います。忙しさも以前より増えているといい、家に帰ってからもあまり気が休まっていない状態なのだと言います。もともとの性格的にはあまり細かいことを気にするタイプではないようで、自分でもこんなことになるとは思っても見なかったといっておられました。

心理的な影響が大きいのであれば、精神を落ち着ける効果のあるツボに反応が出ていないだろうかと思い、いろいろとツボを探していきます。その中に、天柱の反応が著名に現れていました。

天柱

後頸部で髪の生え際の少し上のあたりですが、この辺りに一筋の爪楊枝くらいの細さの硬結がありました。そこに鍼を響かせるようにして刺し、さらに灸頭鍼で温めることにしました。

何度かの治療後には症状は1割位にまで改善していました。天柱の硬結もほぼなくなっていて、非常によく効いたという印象を受ける症例でした。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.