Home » 症例 » 口腔ヘルペスにならなくなった治療例

口腔ヘルペスにならなくなった治療例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 

症例

40歳代・女性

肩こりで鍼灸治療を受けておられる患者さん。たまに、唇などが荒れている時がありました。

問診時に聴くと、数年前から生理の前になると必ず口の中にヘルペスができるのだといいます。体調が悪い時にはヘルペスがよく起こりやすくなるとも言います。

しかし、鍼灸治療を受け始めてからはそれもだんだんとマシになってきているといいます。できる範囲が小さくなり、痛みもあまり無いようになってきたとのことです。とくに痛みが減ったことで食事もしやすくなって助かっているとおっしゃっておられました。

肩こりの治療として行っていましたが、肩の凝っているところだけに鍼や灸をしていたわけではなく、お腹や手足のツボも使い、体全体が健康になるような治療を行っていたことで、ヘルペスも軽減してきたのだと考えられます。特にヘルペスは体がつかれた状態になり、自己免疫力が低下すると起こる病気です。それが減ってきたのは非常にいい傾向だと思いました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.