Home » 症例 » 奥歯の痛みに合谷・下関の置鍼が効いた例

奥歯の痛みに合谷・下関の置鍼が効いた例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: ,

症例

40歳代・男性

肩こり・腰痛で治療を受けておられる患者さん。ある時、歯が痛いといいました。

どこが痛むのかを確認すると、左上歯の奥歯が痛いといいます。

そこで、いつもの治療にプラスして、手の甲にある「合谷」と頬にある「下関」へと鍼を10分ほど刺したままにしておく置鍼を行いました。

下関

下関というツボは頬にある骨の下側にとるツボです。ここは口を開けたり閉めたりすると、骨が大きく動く場所になります。置鍼をするときにはあまり深く刺さずに、2~3mmくらいに浅く刺すだけにしています。

それでも、置鍼を終えて鍼を抜針した後に痛みの確認をすると、奥歯の痛みはマシになっているということでした。簡単な治療をプラスしただけよく効いた症例でした。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.