Home » 症例 » 胸鎖乳突筋の鍼が顎関節症に効いた例

胸鎖乳突筋の鍼が顎関節症に効いた例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: , , ,

症例

30歳代・男性

以前から顎関節症があり、口を開けると音がなるという患者さん。口の開口は困難というほどではなく、食事はできているが、常に開口時に違和感を感じていると言います。

特に左の顎関節のほうが音が大きくなるといいます。全身治療にあわせて顎関節症に対しても治療を行っていくことにしました。

開口時に違和感を感じるという耳の前の「耳門」というツボに鍼をしばらく指す置鍼を行い、口の動きをになっている咬筋を狙って、コメカミの圧痛点にも置鍼を行いました。

更に手足やお腹のツボへも鍼を行い、置鍼後にうつ伏せになって後頸部から背中にかけてを鍼を行い、灸頭鍼で温めていきました。

その後、左半身を上にするように横向きになってもらいます。横向きの状態でも顎関節を中心に鍼をしていたのですが、最後に首の横側を触りました。首の横には頭から鎖骨にかけて胸鎖乳突筋という筋肉があります。この胸鎖乳突筋が非常に硬くなっていました。

「ここの筋肉がすごく硬くなってますね」といい、指で押さえた時に「そこ、押さえると気持ちいい。なんとなく顎の方にビーンと響く感じもする」といいます。そこで、この胸鎖乳突筋を緩めるように鍼をすることにしました。

胸鎖乳突筋の頭の付着部である「完骨」と鎖骨側の付着部である「缺盆」、胸鎖乳突筋の中央部で硬結のあった「扶突」などへ鍼をしていきます。鍼を行うと、他覚的には6割ほど硬さが取れたように感じました。

顎関節症・完骨・扶突・缺盆

治療後に口を開け閉めしてもらい、症状を確認します。するとクリック音が小さくなり、違和感もだいぶ減ったということでした。その後は、治療に来られるたびに胸鎖乳突筋を緩めるようにしています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.