Home » 症例 » 耳鳴りが軽減した難聴の患者の治療例

耳鳴りが軽減した難聴の患者の治療例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: , , , , , , , , ,

症例

40歳代・女性

ある日、突発性難聴になってしまった患者さん。最初は耳の調子がおかしいなと思ったものの、すぐに治るだろうと様子を見ていたようです。しかし、一向に変わらず左耳に受話器を当てても全然会話ができないことから病院へと受診すると突発性難聴だと診断されました。

ステロイド薬などの治療を行ったところ、聴力検査上では少し数値が改善したといいますが、自分の感覚的にはあまり変わらないと言います。しばらくは大きな病院で集中的に治療をした後、近くの耳鼻科へと変わってきたのですが、2ヶ月たってもう症状固定だと言われたようです。

現在の症状は難聴と耳鳴り、耳閉感があるといいます。左耳は受話器を持っても当ててもほとんど聞こえてこず、耳鳴りは左が強いものの右耳にもあるといいます。キーンとなったり、ジーとなったりしているといいます。また、耳の穴に手を当てたような耳閉感があるようです。

なんとかもう少し良くならないかと思って鍼灸治療を受けに来られました。鍼灸治療ではまず全身の治療を行って、全身の状態を良くしてその患者さんがもつ自己治癒力を高める治療が必要なため、耳以外にも全身に鍼や灸を行い、治療は定期的に続けていく必要があることを説明しました。突発性難聴はなった直後は治る可能性が高いため、治療間隔を詰めて集中的に治療を行うほうが良いのですが、このように突発性難聴になってから時間が経過した場合には詰めてやるメリットはあまりありません。それよりも、週に1回でも続ける必要があります。

耳以外の症状は肩こりがあり、疲れもたまりやすいということでそれらもあわせて治療を行うことにしました。

頭のてっぺんの「百会」、耳の穴の前の「耳門」、お腹の「中脘」「関元」、肘の「少海」、足の「三陰交」に対して鍼を刺してしばらく置いておく置鍼を行い、抜針後には灸点紙を貼って上から灸を行うことにしました。その後、かかとの真ん中にある「失眠」に対しても灸を行いました。

さらに頚肩の凝りや、腰部に対して鍼を行い、背中全体を温めるように「肩井」「心兪」「腎兪」で灸頭鍼を行いました。

耳鳴り・中脘・関元・少海・三陰交・耳門・百会・三陰交・肩井・心兪・腎兪

この治療を続けていると、最初に耳閉感が取れてきました。さらにその後は耳鳴りも聞こえてくる音が少し小さくなってきたといいます。

難聴の方は聞こえないのは相変わらずだといいますが、受話器を当てた時に前よりも音が聞こえるようになったといいます(会話はできない)。

少しずつ変化が見られるものの、一進一退という感じで、次第に来院されなくなってしまいました。が、来なくなってから半年くらいしてからまた治療に来られました。「今日はどうされたんですか」と尋ねると、「治療をしているときはあまり変わらないと思っていたけど、やらなくなってからは、やっぱり治療に来ていた時のほうが良かったと思うようになった」とおっしゃられます。

特に耳鳴りは治療しているほうが気にならなくなっていたようで、また全身治療を行いながら、耳の治療を続けることになりました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.