Home » 症例 » 鼻閉に対する節紋の灸治療

鼻閉に対する節紋の灸治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: ,

症例

30歳代・男性

以前から鍼灸治療を受けておられる患者さん。ある時、鼻が詰まっていると言われました。

詳しく聴くと、数日前から鼻が詰まって息苦しい感じもあるようです。風邪を引いているわけではないといい、鼻水もあまりでないといいます。

鼻が詰まっている時には、鼻の上方で髪の生え際を入ったところにある「上星」がよく効きます。しかし、指で押さえてみてもあまり圧痛がみられず、鼻の通りも変わらないようでした。

そこで、足の親指の関節にある「節紋」へと灸を行うことにしました。節紋は風邪の時によく使用するツボですが、鼻水や鼻づまり、咳などに効果があります。イメージ的には鼻から喉仏までの症状にはオールマイティーに効果が見られるという感じです。

節紋

灸点紙というシールを貼って、その上から灸をすえていきました。熱さを感じるまで何壮も続けていきます。30壮近く灸を続けてようやく熱さを感じてきたといいました。

いつもの治療にこの節紋の灸を加えて様子を見てもらいます。次に来院された際に聴いてみると、前回の治療後から鼻づまりはましになり、今は全然気にならなくなっているということでした。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.