Home » 症例 » 身柱・風門の灸での鼻風邪の治療

身柱・風門の灸での鼻風邪の治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: ,

症例

30歳代・男性

体の疲れのために定期的に治療に来られている患者さん。ある日風邪を引いたといって来院されました。

2日ほど前から風邪を引いており、主に鼻水が出る鼻風邪だそうです。風邪をひくと大体は鼻に来るということでした。

熱や咳はないようです。そこで、普段の治療に加えて風邪の治療として灸をしていきました。

座ってもらった状態で、背中を触診します。肩甲間部で背骨のラインにある「身柱」と身柱から斜め上にある「風門」というツボがあります。これらのツボは風邪に対して灸を行うと治りが早くなります。

風邪・風門・身柱

この患者さんにも以前何度か風邪をひいた時に身柱・風門を使って治療をすると風邪が治っていました。今回も同様に治療を行います。

風邪のような症状でもツボを触診し、指で押さえていきます。ツボは教科書通りに必ず一定の場所に出てくるものではなく、少しずれた場所に現れることも珍しくありません。身柱や風門の場所を指で押さえて一番こたえるところに印をつけて、そこへ灸を行います。熱さを感じるまで灸を行うようにしました。

治療直後は鼻の症状はあまり変化がなかったといいますが、後日来院された際に確認すると、治療翌日からは風邪は良くなっており元気な状態に戻っていたということでした。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.