Home » 症例 » 舌の先がチリチリ痛む症状の治療

舌の先がチリチリ痛む症状の治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: , , , , , , , ,

症例

70歳代・女性

舌の先にチリチリとした痛みがあるという患者さん。ずっとあるため、非常に気になるといいます。また、痛みがあるために食事もおいしく食べられないのが困ると言われました。

カレーライスなどの刺激物では余計にしびれるような痛みが出るということで、刺激物は当分の間避けるようにしてもらいながら、治療を行うことになりました。

顔を触ってみると頬の中央にある「下関」と顎にある「頬車」に圧痛があります。ここへ鍼をしばらく刺しておく置鍼を行いました。

さらに顔面部の症状に効果があるツボも使用していきます。手の甲の「合谷」やお腹の「中脘」、足のすねの「足三里」や足の甲の「行間」に対しても置鍼を行います。

舌先の痛み・中脘・合谷・足三里・行間・下関・頬車・肩井・心兪・腎兪

置鍼後にはうつ伏せになり、さらに鍼をしていきます。とくに後頸部の筋肉の緊張が見られたため、それらをほぐすように鍼をしていきました。最後に「肩井」「心兪」「腎兪」といったツボに灸頭鍼を行い、背中全体を温めていきました。

治療を始めた当初は変化が見られませんでした。しかし、1ヶ月ほど経過したころになると舌先のしびれや痛みの症状を訴えられなくなってきました。「最近、舌のほうはどうですか」と尋ねると、「だいぶマシになっているよ」と言われました。食欲も出てきたようで、しっかりと食べているようで、カレーも食べているとおっしゃっておられました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.