Home » 症例 » 攅竹の鍼で疲れ目が改善している例

攅竹の鍼で疲れ目が改善している例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

40歳代・女性

最近眼が疲れやすくなったという患者さん。眼がショボショボしてこすりたくなってしまうと言います。

最近何か眼に悪いことはしていないかと、幾つかの質問をしながら考えていましたが、どうもスマートフォンを使いすぎているのが原因ではないかと考えられました。いわゆるスマホ中毒と呼ばれるくらいの使用頻度で、まずはスマホを使う時間を減らさないと行けないという話もしました。

鍼灸治療では眉毛の内端にある「攅竹」に強い圧痛があり、そこへ鍼を行うことにしました。指で押さえてもビーンと目の方に響く感じがあるといいます。鍼を浅く刺しても同様の響きが得られ、そのまま10分ほど刺しておく置鍼を行うことにしました。

攅竹

そのほか、肩こりなどの症状もあわせて治療を行いました。治療が終わると眼がすっきりしていたと言います。

治療に来られるたびに攅竹への鍼を続けていると、疲れ目になりにくくなってきたといっておられました。ただ、スマホは相変わらず使用頻度は高いようです。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.