Home » 症例 » 天柱の鍼で更年期ののぼせが改善している例

天柱の鍼で更年期ののぼせが改善している例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

50歳代・女性

足首の痛みのために鍼灸治療を受けておられる患者さん。メインとなる症状は足首ですが、全身の治療を行っていきました。

足首が悪くなるとどうしても歩き方がおかしくなります。すると、体に変な負荷がかかっていることになり、膝や腰殿部の筋肉なども張ってきます。このように足首の痛みによって別の部位が影響を受けると、さらに体の動きが悪くなり、足首に対しても負荷が増すという悪循環が起こります。

そのため、足首への治療がメインであっても他の部位に対する治療もしっかりやっておくほうが治療の効果が上がります。腰殿部はもちろん、首や肩に対しても鍼をしていました。

天柱

首に対しては髪の生え際上にある「天柱」に対して鍼をしていました。鍼を刺してすぐ抜くという単刺という手技を行っていました。

治療を受けるようになってしばらくしてから、患者さんから「最近のぼせが減ってきた」と言われました。更年期障害の症状としてのぼせがよく起こるのですが、のぼせがあるときに鍼灸治療を受けると、首の鍼(天柱)を行うとスッとのぼせが引く感じがあるようです。更年期障害の症状としてはのぼせしか出ていないようで、薬は飲みたくないと考えていたので鍼で改善して助かっていると言われました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.