Home » 症例 » 風邪による食欲不振の治療

風邪による食欲不振の治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: ,

症例

40歳代・男性

数日前から風邪をひいてしまったという患者さん。市販薬を飲んで熱は下がったので仕事には行けていますが、それ以降食欲がわかない状態が続いていると言います。

熱のほかは少し咳と鼻水も出ていたといいます。今のところはそれらも大分落ち着いてきて良くはなっているのですが、食欲だけが出ないようです。

胃が重たい、少し食べただけで気持ち悪くなってくるというので、胃の調子を良くするように治療を行いました。

お腹を触って腹診を行うと、おへそとみぞおちの間のあたりが押さえられると気持ち悪い感じが強くでるといいます。ここは「中脘」というツボがあるところで、ちょうど胃の上に当たります。ここへ鍼を刺し、その上にもぐさをつけて温める灸頭鍼を行うことにしました。

同時に、脚のすねにある「足三里」に対しても灸頭鍼を行います。ここも胃の症状をよく改善してくれるツボとして有名です。

この灸頭鍼を行うと、先ほどと同じように腹部を押さえても気持ち悪さが出るのがマシになっているということでした。

胃の不調・中脘・足三里・胃の六つ灸

その他、うつ伏せになってもらい背中に対しても鍼をしていきます。背骨の横にある脊柱起立筋は胃の不調があると張ってくることがあります。この患者さんも、左右の肩甲骨から下の脊柱起立筋が張っていました。この部に対して鍼を行っていきます。他に腰痛も以前からあったため、その治療も行いました。

この治療を行い、様子を見てもらうことにしました。後日来院された際に、その後の症状について尋ねると治療した日の夜からは少し食欲が出てきて食べられるようになって来たそうです。2日経過した時点ではすっかりと良くなり、お腹いっぱいに食べられるようになったということです。「健康のためには腹八分がいいですよ」とアドバイスしておきましたが、よく効いた例だと思います。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.