Home » 症例 » ストレスによる胃の不快感が後頸部の灸で改善した例

ストレスによる胃の不快感が後頸部の灸で改善した例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 

症例

40歳代・女性

昔から胃の調子は悪い方だったという患者さん。ちょっとしたことでも胃の不快感が出やすいと言います。

しかし、最近はその症状が強くでいていると言います。なにか思い当たる原因はありますかと尋ねると、ストレスが関係しているように考えているようでした。

家庭内でいろいろストレスが溜まっているようでした。人に話を聴いてもらっていると落ち着きますが、最近は普段からずっとストレスがかかっている状態だといいます。

また、ストレスから胃の不快感が出るようになった時と同じ時期から後頸部にも強い凝りが現れているようです。たしかに触ってみるとガチガチに凝り固まってしまっていました。

鍼灸治療では胃と後頸部の凝りに対して全身治療を行っていきました。内臓の調子を良くするようにお腹以外にも手足や腰などのツボを使いつつ、首への鍼をしていきます。

治療をすると症状はマシになると言われましたが、2~3日でまた同じように戻ってしまうようです。首が凝ってきて、胃も気持ち悪くなってくるということでした。

患者さんは「もうずっとこのままなんでしょうか」と不安に思っているようでした。しかし、治療を行うと2~3日はマシになるということは鍼灸によって症状が改善しているということでもあります。もう少しでも症状が軽減する期間が伸びれば、この不安も落ち着きやすいだろうと思いました。

そこで、後頸部に対して鍼だけをしていたところへ灸も加える事にしました。これまでと同じ全体の治療を行った後に、一度ベッドの上で座ってもらいます。そして、その状態でまだ後頸部の凝りで一番気になるところがあれば、「ここが気になる」と人差し指で指し示してもらいました。

そして、その一番気になるというところへ灸を行います。灸点紙というシールを貼ってその上からお灸をしていきました。灸の熱さを感じているかどうかを確認すると、全然熱くないというので、熱さを感じるまで灸をすえていきました。

面白いことに、この後頸部の灸を熱く感じた時に、「首が熱くなったら胃がスッと楽になったように思う」とおっしゃられました。そこで、これで様子をみてもらうことにしました。

後日来院された際に症状について伺うと、首のこりもマシになっており、胃の不快感も1週間ほどあまり気にならなかったといいます。そこで、この後頸部の灸を続けて、治療は週に1回のペースで行うようにすると、胃の不快感を感じない日々が続けられるようになりました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.