Home » 症例 » 胃内停水に対する三陰交への灸頭鍼治療

胃内停水に対する三陰交への灸頭鍼治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

40歳代・女性

肩凝りと頭痛に対する治療を行っている患者さん。頻繁に肩が凝って、肩凝りから頭痛が起こってしまうといいます。

肩凝りや頭痛の治療であっても腹診や脈診を行って、全身的な治療を行います。腹診をしているときに、「お腹がチャポチャポなっていることがある」と言われました。

話を聞くと、胃に水が溜まった感じになっていて、体を動かした際などに「チャポチャポ」というような音を感じると言います。このような状態を東洋医学では「胃内停水」といい、胃腸の働きを低下させてしまうとされています。この患者さんも「最近、食欲が落ちている」と言われました。

他にも気になる症状はないかどうかを確認すると、月経痛が強く現れているようです。そこで、月経痛と胃内停水の両方の治療効果を狙って、「三陰交」というツボを使って治療することにしました。

三陰交

三陰交は足の内側で内くるぶしの上方にあるツボで、婦人科疾患に対してよく用いられています。また、体のむくみなどにも効果のあるツボであり、胃内停水に対しても胃のむくみとして処理するように治療していきました。三陰交に鍼を刺し、その鍼の上にもぐさをつけて灸をする灸頭鍼を行いました。

それまで行っていた肩凝りと頭痛の治療にあわせてこの三陰交に対する灸頭鍼をプラスして行うようになってからチャポチャポと音がすることがなくなってきたといいます。その後もしばらく続けていると、食欲も出てくるようになって食べられるようになってきたといいます。最初に来院された際には体も細く虚弱な印象を受けましたが、食欲が出て食べられるようになってきてからは元気になったように思います。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.