Home » 症例 » 食あたりに対する裏内庭の治療

食あたりに対する裏内庭の治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

20歳代・男性

一人暮らしをしている患者さん。数日前に食べたものが傷んでおり、お腹が痛くなってしまったといいます。

話を聞くと、作りおきしていた料理を冷蔵庫に入れ忘れていたといいます。同じようなことが冬場にもあり、その時は食べても大丈夫だったので、今回も放置された料理を食べたところ、腹痛になってしまったようです。

その時には腹痛があり、何度もトイレに行かなければならなくなったといいますが、時間とともに大分落ち着いてきたようです。便通は少し軟らかい感じがしているけれど、あまり気にならない位になっているといいます。

腹痛も治まってきているのですが、まだお腹がシクシクと痛む感じがしているのだといいます。激痛で痛むというわけではないものの、ずっと気持ち悪い痛みが残っていると訴えられました。

そこで、このシクシクと痛む腹痛に対して治療を行うことにしました。このような食あたりに対して効果の高いツボがあります。足の裏にある「裏内庭」というツボです。

足の甲に内庭という名のツボがあるのですが、その裏側ということで裏内庭と名付けられました。足の第2指の付け根にあり、足の指を曲げた時に第二指の指腹が足の裏につくところがツボの位置となります。

裏内庭

といっても実際の治療ではツボのあたりを指で押さえて、押さえた時に他と違う感覚があるところを取穴します。この時には指で押さえると、痛気持ちいいと感じるところがあったので、そこへ灸を行うことにしました。

食あたりの際に裏内庭へ灸を行うときには「灸の熱さを感じるまで灸を続ける」というのがポイントになります。体調が悪くなると灸をしても熱く感じないこともあり、その時は熱くなるまでしたほうが治療効果が良いからです。

しかし、この患者さんに対して灸をすると1壮目で「熱い」といいました。ただ、圧痛もあったのでもう少し灸を続けたほうがいいと考えました。そこで、八分灸として灸をすえることにしました。もぐさが燃える際に、最後まで燃やさずに燃えきる直前で火を消すようにしました。すると、あまり灸の熱さはあまり感じません。この八分灸を10壮ずつ続けてから、その後はもぐさをすべて燃やしきる透熱灸へと切り替えました。

最初から透熱灸としてお灸をすると1壮目で熱く感じましたが、八分灸を10壮したことによってもぐさの燃えた灰が溜まっている状態になります。この灰の上から透熱灸をすることになるので、今度は熱さをあまり感じていませんでした。

そこで、灰の上からどんどんと灸を続けていき、もう一度熱くなるまで灸をしました。今度は30壮ほどしてようやく熱さを感じてきたようです。

この裏内庭の灸をやると、お腹がポカポカと温もってきたといいます。そこで、腹痛はこれで様子を診てもらうことにしました。次に来院された際に、お腹の調子を尋ねると、シクシクと痛む感じは灸をした後から無くなって、そのままよくなってしまったとおっしゃられておりました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.