Home » 症例 » 便通を改善すると腹痛がなくなった症例

便通を改善すると腹痛がなくなった症例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: , , , ,

症例

50歳代・女性

膝の痛みで鍼灸治療を受けておられる患者さん。ほかにも肩凝りなどの症状がありました。

問診をしながら「他には気になっている症状はないですか」と聴いたところ、「最近お腹が痛い」といいます。下腹部のあたりがずっと痛みがあり、もやもやした気持ちになっているのだといいます。

腹診をしてみると、左下腹部が張っており、ガスが溜まっていました。「最近は便通はどうですか」と尋ねると、一応毎日便は出ているとのことです。ただ、やはりもう少し便が出て、溜まっているガスがなくなれば腹痛も改善しそうだと感じました。

そこで、便通を改善する治療を加えることにしました。お腹にはおへその上にある「中脘」とおへその斜め下にある「太巨」へと鍼を刺し、しばらく置いておく置鍼を行いました。他にも手首の外側にある「神門」と足の内くるぶしの前方にある「中封」へと置鍼を行いました。

腹痛・中脘・太巨・神門・中封・次髎

10分ほど置鍼をした後は、鍼を抜き、これらのツボへ灸も行いました。灸点紙というシールを貼って、その上から3壮ずつ灸をしていきます。その後、うつ伏せにもなって、骨盤上にある「次髎」に対しても灸を行いました。

いつもの治療にこの便通改善の治療を加えて様子をみてもらうことにしました。最初はあまり変化が出ず、お腹の気持ちの悪い痛みも続いていたのですが、治療を3週間ほど継続したあたりから便通が良くなってきたようです。それまでも毎日出てはいましたが、あまり力まずにスッと便が出るようになってきたということです。そして、その変化が出始めてから徐々にお腹の痛みは気にならなくなってきたということでした。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.