Home » 症例 » S状結腸への鍼で腹部の違和感が改善した例

S状結腸への鍼で腹部の違和感が改善した例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 

症例

50歳代・男性

2週間ほど前に風邪を引いてしまった患者さん。その時には熱と鼻水が出ていたといいます。しかし、その風邪も治ってきたのですが、問題がありました。風邪をひいた後から、お腹の調子が悪くなったといいます。

お腹がどことなく痛いような気持ち悪いような感じが続いているといいます。そこで腹診をすると、おへその左下あたりで指に抵抗を感じました。

ちょうど、大腸がカーブして肛門へ向かうS状結腸に当たるところが、索状に硬くなっていました。そこで、「便は出ていますか」と聞くと、出ているという答えが返ってきました。しかし、話を聞くと毎日出ているわけでもなく、スッキリと便が全部出た感じもないようです。もう少し、便が出て、この部の硬さが軽減すれば腹部の違和感も良くなるだろうと考えました。

この硬くなった部分を指で奥まで押さえると、痛気持ちいい感じがあるといいます。そこで、この部へ鍼を行いました。

鍼を刺して、硬くなっているところに当たるか当たらないかくらいのところまで入れて、そこから上下に揺らすように鍼を動かします。鍼の感じはどうかと確認すると、軽く響くような感覚があるということでした。

鍼を行った後にもう一度腹診をすると、索状硬結はまだあるものの、先程までよりも細くなっていました。ほかに腰痛などのいつもの治療をしてこれで様子をみてもらうことにします。

後日来院された際に症状を確認すると、腹部の違和感は半分以下に軽減しているということです。同様に鍼を行い、治療を継続していると違和感は次第に消えていきました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.