Home » 症例 » 郄門の皮内鍼で腹痛が抑えられている例

郄門の皮内鍼で腹痛が抑えられている例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

30歳代・男性

過敏性腸症候群の患者さん。過敏性腸症候群の場合は下痢や便秘などになるケースが多いですが、この患者さんは下痢・便秘などの症状はあまりでないものの、腹痛が強く出る事がありました。お腹が痛くなってしまうと、動くのが辛いため、仕事などにも支障が出ると悩んでおられました。

とくに何かをした時に症状が出るというような要因はあまりないといいます。ただ、腹痛が起こる前には少しの間、腹部不快感が現れるため、その時に深呼吸をしていると少しマシにはなるといいます。ただ、一度痛くなってしまうと、その状態がしばらく続いてしまうということでした。

いつも腹痛があるわけではなく、たまに症状が出るということです。そのため、鍼灸治療では全身治療を行って腹痛が起こりにくくなるようにすることと、腹痛が起きた時に対応できるように治療を行いました。

全身治療ではお腹や手足、腰などのツボに鍼を行い、胃腸の調子を整える治療を行いました。また、過敏性腸症候群はストレスとも密接に関係していることが多いため、ストレスが体へ与える影響を抑えるために胸部や頭のツボを使用して治療をしていきました。

また、何度か治療を行っていると、腕にある「郄門」というツボが腹痛に効果が見られました。前腕の内側で肘と手首の間にあるツボで、胴体にある痛みを抑える効果のあるツボです。腹痛が起きてしまった時に、この郄門を指で押さえるとスーッと腹部の痛みがマシになるといいます。そこで、この郄門に皮内鍼を行うことにしました。

郄門

皮内鍼とはごく小さな鍼を皮膚に対して水平に刺すように入れてテープで固定する治療法です。テープで固定するとそれ以上鍼が入るようなこともなく、数日~1週間ほど貼ったままにしておくことができます。その間、鍼の刺激を体に与え続けることができるというメリットがあります。

郄門に皮内鍼を入れておくと腹痛が起きても今までよりも痛みがマシになるとおっしゃられました。また、腹痛が起こった時に皮内鍼の上から指で押さえると、痛みが軽減します。全身治療で体を変えていくには時間がかかるため、郄門で症状を緩和させながら継続治療をしていきました。今ではごくたまに腹痛を感じる時があるというくらいにまで改善してきています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.