Home » 症例 » 直接灸を始めてから閉塞性動脈硬化症の症状が軽減している例

直接灸を始めてから閉塞性動脈硬化症の症状が軽減している例ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ: , ,

症例

70歳代・男性

閉塞性動脈硬化症で治療を受けている患者さん。脚に痛みがあります。

しばらく歩いているとだんだんと痛みが出て、我慢できないくらいになってきてしまいます。そのため、少し歩いては休憩をして足を休ませ、また歩き始めてしばらくしたら休憩してというのを繰り返さないといけません。前からこのような症状があったものの、最近になって悪化してきて100mほど歩いたら休憩が必要になってしまったと言います。

その後、病院での検査でこの症状は閉塞性動脈硬化症による間欠跛行だとわかったといいます。病院での治療を開始してからは200mほどは歩けるようになったものの、それより遠くへは休憩が必要になるということで、鍼灸治療を受けに来られました。

歩いていると両脚に痛みが出てくるようです。また、脚を触ってみると冷えを感じます。腰は昔から腰痛持ちだといい、普段から軽い痛みがずっとあり、肩も凝っているということでした。これらの治療とあわせて足の治療を行っていきます。

お腹や手足に対して鍼を刺し、しばらく刺したままにする置鍼を行いました。その後、脚の「足三里」と「三陰交」というツボに対しては灸頭鍼も行いました。もぐさを鍼の上に付けて燃やすお灸の方法で、鍼と灸の両方の効果が得られます。

灸頭鍼をした後にはうつ伏せになり、かかとの真ん中にある「失眠」に対してお灸をしました。失眠は不眠に効くツボとして知られていますが、脚のしびれや冷えに対してもよく用いています。ここの灸は熱さを感じるまで灸をすえていきました。

その後、肩や腰に対して鍼を行い、脚の痛みが出やすいという、おしりから太ももやふくらはぎなど、両足の後面の筋肉を中心に鍼をしていきました。硬結を見つけて刺激を与えていきます。そして、最後に肩・腰・脚のツボでも灸頭鍼を行い、全体的に温めるように治療を行っていきました。

治療を行うと、その日の帰り道は調子よく感じると言います。しかし、翌日になると同じような状態に戻ってしまうということが続きました。しばらく治療を継続していても同様の状態が続いていたので、少し治療に変更を加えることにしました。

治療をすると調子はよく感じているということですので、使用しているツボなどは効果があると判断し、これらのツボに対して鍼のほかに灸も行うことにしました。また、この灸はより効果を出すために皮膚の上に直接もぐさを置いて灸をする「直接灸」をすることにしました。

お腹や手足のツボに対して灸を行っていき、足三里や三陰交はあまり熱さを感じないというのでここも熱くなるまで灸を続けることにしました。うつ伏せでも背中やふくらはぎに対しての灸を続けていきました。

この直接灸を今までの治療に加えるようになってからは、症状の改善が数日間続くようになってきました。そこで、数日おきに治療を行うようにして、継続治療をしていくと、1年後には500m以上は休憩無しで歩くことができるようになりました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.