Home » 症例 » いつも背中が張っている人の治療

いつも背中が張っている人の治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 

症例

40歳代・男性

昔から背中の筋肉が張っているという患者さん。常に張っており、体をひねるような動きでつっかえたようになっているといいます。

症状がひどい時には家族に背中を押さえてもらうこともあるといい、強めに押してもらったほうが楽になりやすいということでした。

背中の筋肉の張りは脊柱起立筋などへ鍼をして治療をすることが多いです。そこで、この患者さんに対しても、うつ伏せになってもらい背骨の横にある脊柱起立筋を触診していきました。

脊柱起立筋がよく凝っているのでいざそこに鍼をしようかと思ったのですが、その前に指で押さえながら「気になるのはこの辺りですか?」と確認します。すると、もっと外側のほうだと言われました。

患者さんが自分の指で「この辺が一番気になる」といったのは肩甲骨の少し下あたりで、体の側面に近いくらいのところでした。どうやら、脊柱起立筋よりも広背筋が気になっていたようです。広背筋は腰椎や骨盤などから肩関節の方にかけて伸びる大きな筋肉です。大きいといっても薄く伸びる筋肉で鍼を深く刺す必要はありません。家族に強めに押してもらったほうが効くと言っていましたが、比較的弱い刺激量で治療を行うことにしました。

広背筋を中心に鍼をし、張りがあった脊柱起立筋に対しても緩めていきます。そして、腰に対しても鍼をしていきました。

治療を終えて、一度ベッドを降ろしてから座ってもらいます。そこで、立ったり座ったり、体をひねったりといろいろな動きをしてもらい調子を確認してもらいました。治療前と比べるとぜんぜん違う、楽になっているとおっしゃっていただけました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.