Home » 症例 » 人差し指の腱鞘炎にたいする治療

人差し指の腱鞘炎にたいする治療ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 症例 タグ:

症例

40歳代・女性

膝痛のために治療に来られた患者さん。習い事で書道をしているようですが、その時に正座をしなければならないため困っているということでした。

膝の痛みに対しての治療であっても膝以外へ鍼や灸を行っていきました。膝が悪い状態では歩き方もおかしくなっており、股関節や殿部、腰のほか、肩にまで影響が出ているからです。それらの影響が出ている部分に対しての治療も行ったほうが、体が健康になり治癒力が上がり、結果として膝の調子も良くなるからです。

この患者さんに対しても膝へ灸を行い、膝の動きに関連する筋肉などに鍼をし、肩や腰、お尻へも鍼をしていきました。

治療を終えて「今日の治療はこれで終わりですよ」というと、ムクリと体を起こして「こっちも治療できませんか」と言われました。どこのことかと聴いてみると、右手の人差し指の症状だそうです。

以前からなぜか右手の人差指だけが少し曲げにくいのだそうです。たしかに両手をグーパーしてもらっても右手の人差指だけが曲がりきらずに中途半端な位置で止まっています。「分かりました。治療しときましょう」といって、指の治療をすることにしました。

指が曲がりにくいということですが、これは指についている腱に問題が起こっています。腱は腱鞘という鞘に入っており、指を動かすときに腱鞘の中を腱が滑るように動いています。しかし、腱に炎症などが起こると引っかかってうまく動かず、動きが悪くなってしまうのです。

そこで治療なのですが、指についている腱は腕で筋肉と変わって肘の方へとついています。そして、この筋肉上にあるツボへ鍼をすることによって腱の炎症が治まり、動きが改善することがよくあります。

手三里

この患者さんの場合でも指そのものではなく腕のツボへ治療を行うことにしました。ベッドに座ってもらったまま腕を触診すると肘の少し下にある「手三里」に圧痛がありました。ここへ鍼をポンと刺しました。するとその瞬間「腕の方にピンときた」と患者さんが言います。「一気に通った感じがある」というので鍼を抜いて、もう一度指を動かしてもらいました。すると、先程までよりもかなり人差し指が曲がるようになっていました。とりあえず、これで様子をみてもらうことにしました。

後日来院された際に指についても聴いてみました。まだ、完全に曲がりきっているわけではありませんが、ペンや筆を持つときにも持ちにくい感じがあったようで、それがマシになっているので助かっているということでした。その後も膝と合わせて治療を行っています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.