Home » よもやま話 » ガラスを綺麗に拭く方法

ガラスを綺麗に拭く方法ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: よもやま話 

長年の疑問解消

南大阪鍼灸所に勤めている間、ずっと疑問に思っていたことがあります。

それは「いくら拭いてもガラスが綺麗にならない」ということでした。

正面玄関のガラスをガラス用のマジックリンを使って雑巾で拭いても拭いても綺麗になりませんでした。むしろ、油脂のようなものが引き伸ばされたようになって、拭いたほうが汚れるのではないかと思うことが多かったのです。

自分なりに考えて、雑巾を綺麗なものに変えたり、雑巾を極限まで絞ってから拭いたり、マジックリンを使わなかったりと試したものの、間違いなく綺麗になるという方法がわかりませんでした。

かと言って、ガラスを拭かないと汚れる一方なので、ピカピカにはならないけれどマジックリンと雑巾を握りしめて拭く日々が続いておりました。

が、自分で開業していざ入口のガラスを拭いている時に、やはりもっと綺麗に拭ける方法はないものかと思い、インターネットにて調べることにしました。割と調べる人が多いのか、いろんな人が記事に書いていてすぐに見つかりました。

ガラスを綺麗に拭くためのポイントは「薬品(マジックリン)は逆効果」ということと、「雑巾を2枚用意する」というものでした。

マジックリンを使うと薬品の油脂が伸ばされて余計に汚れるようです。現状がよほど汚れているのならばともかく、普段拭くだけならば必要ないということでした。ふたば鍼灸院も開業前に清掃業者が綺麗にしてくれているので、せっかく買ったのですが使わないことにしました。

そして、一番重要なのは「雑巾を2枚用意する」ということのようです。1枚は水拭き用に濡らして使うのですが、もう1枚は乾いたまま使用します。水拭き用でガラスを拭いたら、乾いた雑巾で磨き上げるように拭きあげるのがきれいにするためのコツなのだそうです。

早速ためしてみると、今まで悩んでいたのがウソのように綺麗に拭くことができるようになりました。もっと早く調べておくべきだったなと思いました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.