Home » よもやま話 » ゴミ捨てに苦戦

ゴミ捨てに苦戦ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: よもやま話 

初体験

ふたば鍼灸院を開業してから初体験のことも多いですが、そのうちの一つに「ゴミ捨て」があります。

普段からやっている人にとっては今更の話ですが、私はゴミの分別をほとんど経験したことがありません。この分別になれるまで苦戦をしています。

南大阪鍼灸所で勤めている時は、ゴミの業者が回収に来るため、すべてひとまとめにしてゴミ袋に詰めて捨てても問題なかったのです。住んでいる住居でも同様に業者が来ていたため分別して捨てるという習慣そのものがありませんでした。

しかし、ふたば鍼灸院の建物となるメゾン光洋ではゴミは業者ではなく大阪市が回収に来るため、大阪市の指定通りに分別して曜日ごとに出すこととなっています。

今更になってレジ袋はプラとして分別する必要があることを知りました。あとから気づいて、ゴミ袋をひっくり返してレジ袋だけを取り出してプラ用の袋に分け直すことなどもありました。

ようやく慣れてきたと思いこの記事を書いていますが、書いてる最中に確認していてラップもプラに含まれることを知りました。きちんと覚えるまでもう少し時間がかかるかもしれません。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.