Home » 鍼灸ニュース » 腱鞘炎

腱鞘炎ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , , ,

腱鞘炎とは

指や手首には「腱」があり、骨と筋肉をつないでいます。腱は、指の骨についている「腱鞘」を通っており、指を動かすときには腱が腱鞘の間を往復するように移動します。

指の使い過ぎによって、腱と腱鞘が擦れて炎症が起こるのが、腱鞘炎です。痛みや腫れが生じ、指の曲げ伸ばしができなくなったり、物をつまみにくくなったりすすなど、日常生活に支障をきたします。

腱鞘炎

パソコンでの作業、裁縫、楽器の演奏などで指をよく使う人や、妊娠・出産期、更年期の女性に起こりやすく、主に2つのタイプがあります。

ばね指

腱鞘に炎症が起こり、指の腫れが大きくなると、腱が腱鞘に引っかかり、指の曲げ伸ばしのときに、何かが引っかかるような抵抗感が生じます。そして、力を少し加えると、腱の腫れた部分が腱鞘を通過し、カクンと指が伸びます。この状態が、「ばね指」です。ばね指は、指を曲げるときに大きな負荷がかかる、指の付け根の腱鞘によく起こります。

ドケルバン病

親指を動かす腱と、その腱が通っている腱鞘に炎症がおこるものです。この腱鞘は手首の親指側にあり、中を2本の腱が通っています。この腱鞘と腱には、親指を広げるときに大きな力が加わるため、炎症が起こりやすいのです。

治療

腱鞘炎が起きたときには、適切に対処することが大切です。放置すると指を動かすこともままならなくなる場合があります。

安静

腱鞘炎の治療は、患部を安静にするのが基本です。炎症が治まるまで「テーピング」などを行って関節の動きを制限し、なるべく指を使わないようにします。

ドケルバン病の場合、親指を少し広げた状態で保つ「関節用バンド」を装着して、関節の動きを制限します。

同じ姿勢を長時間続けずに、「手を上げる運動」などで手の血行を良くすることも、炎症の改善につながります。

病院での治療

1~2週間程度安静にしても症状が改善しないこともあります。その際は、検査を行い、腱鞘炎と診断されると薬物療法がおこなわれることもあります。

症状が軽い場合は「非ステロイド抗炎症薬」の湿布薬や塗り薬が用いられ、重い場合はステロイド薬の「トリアムシノロン」を腱鞘の中に注射します。

薬を使っても改善しない場合や、再発を繰り返す場合は手術が行われることもあります。

再発防止には、指を使いすぎないということが大切です。

指を使う作業を行うときは、1時間ごとに10分ほど手を休めるようにします。作業を行う前にあらかじめテーピングしておくのも負担を軽減するのに役立ちます。

鍼灸治療

腱鞘炎には鍼灸治療も有効です。治療を行い、炎症を抑え、痛みを改善することができます。治療期間にはなるべく安静を保つことが必要ですが、手の指は仕事や家事などでどうしても毎日使ってしまいます。基本的には、治療を行い痛みがマシになっても、日常生活でまた痛みが出て、治療を行うとマシになる、というのを何度か繰り返して徐々に良くなっていきます。

腱鞘炎の治療では第一に腱に起こっている炎症をとる必要があります。この炎症をとるのに灸が効果的です。問診時にどこに痛みがあるのかを確認し、さらに指で細かく押さえてもっとも痛みが強い場所を探していきます。そして、その圧痛点にお灸をすえていきます。

灸は灸点紙というシールを貼って、その上からすえることが多いです。この時、灸点紙の上からでも熱さを感じるくらいまで、小さくちぎったお灸を何度もすえていきます。熱く感じるまで灸をすえるのが治療のポイントです。

炎症が起こっているところだけが治療点ではありません。炎症が起こっている腱とつながる筋肉に対しても鍼や灸を行います。指にある腱は手首を通り筋肉とつながって前腕や肘のほうにまでつながっています。筋肉を触診し、硬結があるところへ鍼や灸を行うことで指が動かしやすくなります。手首の上にある「内関」や肘の近くの「手三里」などに反応が出ていることがよくあります。

内関

さらに背中にあるツボにも鍼や灸を行います。手や指の動きというのは、肩甲骨の動きとも連動しています。肩甲骨回りの筋肉を触診して、凝っていて動きが悪くなっているところがあれば、そこも治療を行うと指が動かしやすくなり、腱鞘炎の改善も早まるのです。

肩甲骨回りの「肩井」や「天宗」、「肩外兪」や「心兪」といったツボを使用していきます。

腱鞘炎になるとしばらくはつらい日々が続きますが、しっかり治療すればきちんと治ります。頑張って治療を続けることが大切です。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.