Home » 鍼灸ニュース » ドライアイ

ドライアイふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ:

ドライアイ

ドライアイは目の表面が乾燥してしまう状態を言います。目は涙によって常に潤いを保つ仕組みが働いていますが、これが正常に働かなくなることによって「目が乾く・痛い・かすむ・開けていられない」などの症状が現れてしまします。日本には推定で2000万人いるともいわれ誰しもがなる可能性があるので、普段から気を付けていきましょう。

目を守る仕組み

目の表面は乾燥すると傷つきやすいので、涙で覆うことで乾燥しないように保護されています。乾燥しないために水分で覆っているのですが、それだけだとすぐに蒸発してしまいます。そのため、水分が蒸発しないように油で覆われています。この油は「ムチン」といい、涙は水分とムチンによって構成されています。

ドライアイの原因

ドライアイの原因の一つとして「涙の水分量が減る」というものがあります。これは加齢などによって、涙の水分を分泌する涙腺の働きが衰えてくるためです。また、更年期などでホルモンのバランスが崩れることによっても分泌量が減少してしまいます。

そのほかに「涙の層が壊れる」というものもあります。たとえば、ムチンが不足すると涙の水分が蒸発しやすくなってしまいます。体質的にムチンの分泌腺が詰まりやすい人もいますが、化粧によって分泌腺が塞がれるケースもあります。

また、ドライアイの三大原因として「3コン」といわれるものがあります。これは「パソコン」「エアコン」「コンタクトレンズ」が該当します。パソコンは画面を見ているときにまばたきが減り、涙が蒸発しやすくなります。エアコンは空気を乾燥させ、風が目にあたることによって涙が蒸発してしまいます。コンタクトレンズは涙の水分が目の表面に均一に広がるのを防いでしまい、まばたきをすると目を傷つけることもあるからです。

ドライアイの原因

日常生活での注意

3コン対策…パソコンを使うときには意識的にまばたきをし、画面はやや見下ろすようにしましょう。また、最近はスマートフォンを長時間使うのが原因の人もいます。エアコンは直接風が当たらないように注意して、加湿器を使うようにしましょう。コンタクトレンズはきちんと手入れして清潔に使用しましょう。眼鏡との併用も効果的です。

ストレスをためない…涙は緊張するとでなくなるといわれています。ストレスをためないようにし、こまめに解消していくようにしましょう。

適度な運動…運動を行うとドライアイの症状が軽くなるといわれています。無理なく続けられる運動を日常生活に取り入れていきましょう。
点眼薬の注意点

ドライアイで市販の点眼薬を使う場合はドライアイ用の薬を選びます。防腐剤の含まないタイプがいいでしょう。ただし、頻繁にさすと角膜に影響するので1日6回程度までの使用にとどめましょう。

鍼灸治療

鍼灸治療でもドライアイの治療を行います。目が疲れていると涙の分泌量が減少してしまいます。そのため、目の疲れを取るために目の周りの筋肉の緊張をとるほか、首や肩などの筋肉の緊張も解消していきます。特に後頚部のコリなどは目の症状と深くかかわっています。

また、全身に対する治療も重要です。体全体がリラックスできるようにしていき、夜ぐっすりと睡眠がとれるような治療を行っていきます。

ツボ療法で元気になろう!

【眼点・がんてん】

場所…耳たぶの中心

効能…目の疲れ・ドライアイ・肩の凝り

眼点

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.