Home » 鍼灸ニュース » 男性更年期障害

男性更年期障害ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ:

男性にもある更年期障害

更年期障害というと女性特有の病気だとイメージしてしまいがちではないでしょうか。実は更年期障害というのは男性にも起こる病気です。男女どちらの更年期障害も性ホルモンの低下が原因なのですが、症状の現れる時期や経過などに違いがあります。あまり知られていないためか「うつ病」や「年のせい」などと間違われることも多いので男性の更年期障害について知っておきましょう。

男性ホルモンの働き

男性の更年期障害に深くかかわっているのは、精巣でつくられているテストステロンという男性ホルモンです。テストステロンには、男性らしい体つきにする、筋肉や骨の組織を強くする、性機能を正常に保つ、などの働きがあるほか、判断力や理解力といった認知力に影響を与えています。この男性ホルモンの分泌が低下することによってさまざまな症状が現れてしまいます。

男性更年期障害の症状

男性更年期障害では体の症状、心の症状、性機能の症状が多岐にわたって現れますが、全般的には、元気でハツラツとした様子がなくなります。

こうした症状があれば必ず男性ホルモンが低下しているというわけではありません。40歳代以下では男性ホルモンの低下は少なく、多くはうつ病などのほかの病気が原因です。50~60歳代ではほかの病気との割合が半々で、70歳代以降になると多くは男性ホルモンの低下が原因であるといわれています。

男性更年期障害

ホルモン療法

男性更年期障害の治療で中心となるのは、男性ホルモン補充療法です。「テストステロン製剤」を筋肉注射する治療法で健康保険が適用されます。最初は3か月間行い、効果があれば継続していきます。

ホルモン補充療法によって約6割の患者さんに効果が見られます。効果が見られない場合にはほかの病気が隠れていないか検査を行います。

また、男性ホルモンがそれほど低下していない場合には、症状に応じた薬を用いることもあります。抗うつ薬や、抗不安薬、骨粗しょう症の治療薬のほか、漢方薬を使用することもあります。

自分でできる対処法

ストレスを軽減する…ストレスを感じると交感神経が優位になり、男性ホルモンの分泌が低下します。リラックスすると分泌が高まるため、ストレスをため込まないようにしましょう。

質の良い睡眠をとる…男性ホルモンの値は一日の中でも変化します。生活の乱れを無くしリズムを作るためにも、質の良い睡眠をとりましょう。

適度な運動を行う…運動を行うことで男性ホルモンの分泌が高まります。短時間でも運動をしていきましょう。

鍼灸治療

東洋医学では更年期障害などは生命エネルギーである気が不足して引き起こされると考えられています。そのため、治療では気を補うようにしていきます。不足した気を補うためには睡眠と食事の改善が必要になるため、失眠や足三里などのツボにお灸などを行います。また、それ以外にもその患者さんに現れている症状に合わせた治療を行い、体全体のバランスを改善するように治療していきます。

ツボ療法で元気になろう!

【太谿・たいけい】

場所…内くるぶしの後ろのくぼみ

太谿

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.