Home » 鍼灸ニュース » 肘の痛み

肘の痛みふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ:

ひじの痛み

肘に痛みが起こる病気はいくつかあるのですが、その中でも起こりやすい病気として「テニス肘」があります。このテニス肘は正式には「上腕骨外側上顆炎」といいます。テニス肘と聞くと、まるでスポーツをしている人がなる病気かと思ってしまいますが、実際には日常生活での肘の使い過ぎによって起こりやすい病気です。特に家事をする主婦に起こることが多い病気なので注意が必要です。

病気の原因

この病気は筋肉の付着部が障害されて起こります。肘の関節の外側についている手首をそらす筋肉(短橈側手根伸筋)の付着部に炎症などが起こります。テニスやゴルフの動作だけでなく、家事での動作でもこの筋肉をよく使うために発症してしまいます。

病気の特徴

きっかけがはっきりしない…重いものを持って発症することもありますが、多くの場合は特に思い当たるきっかけがないのに発症します。

ちょっとした動作で痛む…ほとんどの場合、手を動かさなければ痛むことはありません。しかし、「物をつかむ」「ドアのノブを回す」「ぞうきんを絞る」「ビールをつぐ」などといったちょっとしたことで痛みが出ることがあり、日常生活に支障をきたします。

利き腕に起こりやすい…使い過ぎにより発症するため負担のかかりやすい利き腕の肘に起こることが圧倒的に多いです。ですが、反対側の肘に起こる場合もあります。

30~50歳代に多い…筋力がまだあるにも関わらず、だんだんと筋肉のしなやかさがなくなってくる30~50歳代に起こりやすいとされています。

治療法

上腕骨外側上顆炎の治療には次のようなものがあります。「安静」「消炎鎮痛薬」「ステロイド薬の局所注射」「装具」「テニスバンド」「ストレッチング」などです。これらの中でも安全で体に負担のかからない「安静・ストレッチング・テニスバンド」が重要です。特に安静は重要です。痛みを我慢して手を使うと悪化してしまうため、なるべく安静にして手を使わないように心がけましょう。

上腕骨外側上顆炎のストレッチ

鍼灸治療

鍼灸治療ではまず肘の筋肉を触診し、どの部分が特に痛むのかを調べ治療していきます。特に軽く押さえても痛みが出る「圧痛点」に対して鍼や灸をすることで即効的に痛みが軽減します。

また、腕に痛みがあるときには背中の肩甲骨あたりの筋肉が通常よりも張っています。この肩甲骨や肩の筋肉の張りを鍼や灸をしてとることによって肘の痛みの改善を速めるようにします。

また、家事などで体を使いすぎている人が多いので全身がリラックスできるように治療を行っていきます。

ツボ療法で元気になろう!

【天宗・てんそう】

場所…肩甲骨の中心

効能…上腕骨外側上顆炎・五十肩など

天宗

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.