Home » 鍼灸ニュース » 手根管症候群

手根管症候群ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ:

手根管症候群

手の指にしびれが起こる病気に「手根管症候群」があります。この病気は親指から薬指にかけてしびれが起こり、悪化すると感覚がなくなってきたり、物をつまむ動作がうまくできなくなってしまいます。症状の進行を防ぐためにもできるだけ早く異変に気づき、治療を行っていく必要があります。

手根管症候群とは

この病気には「正中神経」という神経がかかわっています。正中神経は腕から手の指先まである神経なのですが、手首の部分で「手根管」という管の中を通っています。この手根管は周りを骨や靭帯に囲まれているのですが、ここが何らかの原因で圧迫されたりすると、管の中にある正中神経も押しつぶされる形になり指先にしびれが出てしまうのです。また、しびれのほかにも感触がない・痛みを感じないなど、感覚が鈍くなるのも特徴です。

手根管症候群

起こりやすいタイプ

手根管症候群は手首の骨折を経験している人に起こりやすくなります。骨折が治った後に手根管が狭くなり、正中神経が圧迫を受けることがあるためです。そのほか、透析療法を受けいている人・関節リウマチや糖尿病がある人・更年期以降の女性にも起こりやすくなります。
更年期以降の女性に多いのは、ホルモンバランスが乱れ、手首がむくみやすいためと考えられます。むくむことで正中神経が圧迫されてしまうのです。

治療法

手根管症候群の治療として「薬物療法」「装具療法」「手術」の3つがあります。

薬物療法では症状が軽い場合には消炎鎮痛薬の湿布薬やビタミン剤を使います。症状が重い時にはステロイド剤を使うこともあります。また、装具を使って手首を固定することによって、正中神経が圧迫されるのを防ぎます。特に、夜寝ているときに装着することで、明け方の症状が軽減されます。

薬物療法や装具療法を行っても症状の改善が見られない場合は手術を行います。手術では手首側を切開して、手根管を形成している靭帯を切り離します。これによって正中神経の圧迫を取り除きます。

鍼灸治療

鍼灸治療では神経を圧迫している部分に鍼や灸をしていきます。手首を押さえて痛みやしびれが出るポイントを探して、そこに鍼と灸をします。また、正中神経の興奮を抑えるために腕の部分で神経が通っているところに対して鍼をしていくこともあります。そのほか、むくみを取るためにお腹や足にあるツボに対しても鍼していきます。

ツボ療法で元気になろう!

【大陵・だいりょう】

場所…手のひら側の手首のしわの中央

効能…手根管症候群・手や腕の疲労

大陵

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.