Home » 鍼灸ニュース » 斜角筋症候群

斜角筋症候群ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ:

首から腕の痛み

首の筋肉の緊張により腕や手に痛みやしびれを起こす病気に「斜角筋症候群」があります。

首から腕の痛みと聞くと首の骨に原因があると思われがちですが、首の筋肉の緊張によっても起こることがあります。

斜角筋症候群とは

首の前側にある斜角筋の緊張により首から腕に行く神経や心臓から腕に行く血管を圧迫して腕や手の痛み、しびれ、手が動かしづらい、力がはいらない、腕が重だるいなどの症状を起こす病気です。

斜角筋症候群は、悪い姿勢での作業や肩こり、むち打ち症、寝違えがきっかけとなり起こります。また、斜角筋はストレスに敏感でストレスが溜まると緊張し斜角筋症候群を起こすきっかけとなります。

斜角筋について

斜角筋

斜角筋は「前斜角筋」「中斜角筋」「後斜角筋」に分かれています。前斜角筋と中斜角筋は首の骨の横側から一番上の肋骨に付いています。そして、その前斜角筋と中斜角筋との隙間には腕へ行く神経や血管が通っています。

斜角筋が緊張すると前斜角筋と中斜角筋の隙間が狭くなり神経や血管が圧迫されるのです。

斜角筋は呼吸するのにも働いており、呼吸器疾患があると緊張しやすくなります。

斜角筋症候群の特徴

十歳代後半から三十歳前後の女性に多くみられやすいです。同じような症状を起こす頚椎症性神経根症に比べ発症年齢が若いのが特徴です。

鎖骨の上のくぼみを圧迫してその部の痛みや手への痛み、しびれが強くなるか診るモーリーテストが陽性になることが多いです。

手首の拍動を確認しながら首を反対へ倒して反らせた状態で、息をいっぱい吸い込んで止めると手首の拍動が弱くなると共に手のしびれなどが強くなるか診るアドソンテストが陽性になることがあります。

斜角筋症候群の検査

エックス線検査やMRI検査などの画像検査が行われます。

画像検査で手や腕の痛み、しびれの原因となる頚椎性神経根症などの病気が見つかった場合、その病気の治療が進められます。

エックス線で血管が映るようにする検査やMRI検査で斜角筋により血管や神経の圧迫が確認されたり、モーリーテストなどが陽性になれば斜角筋症候群の可能性があります。

鍼灸治療

鍼灸治療では斜角筋の緊張部に直接鍼を刺して緊張をゆるめたり、斜角筋に関連した手足のツボにも治療を行います。

ストレスによって斜角筋は緊張するためストレスを取り除く治療も行っていきます。

ツボ療法で元気になろう!

【足三里・あしさんり】

場所…膝の皿から指4本分下のすねの外側で押して応えるところ

効能…斜角筋症候群、消化器疾患等

足三里

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.