Home » 鍼灸ニュース » 肛門の痛み

肛門の痛みふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

3種類の痔

「痔」は、肛門の周辺に起こる病気の総称で、成人の3人に1人は持っているとされるほど身近な病気です。痔には、次の3種類があります。

いぼ痔(痔核)

肛門は奥行きが約3cmあり、直腸とつながっています。肛門と直腸を囲む「括約筋」の近くには、弾力性のある「肛門クッション」があります。

いぼ痔は肛門クッションがいぼ状になったもので、痔の中で最も多く見られます。排便時に強くいきんだり、長時間座り続けたりするために、肛門クッションがうっ血して、一部がいぼ状に膨らみます。肛門の外側に、血豆のようないぼができることもあります(血栓性外痔核)。

いぼの表面が排便時にこすれると、鮮血が出ます。多くは、直腸と肛門の境目である「歯状線」より奥の粘膜の部分にでき、あまり痛みません。いぼが大きくなると排便時に肛門の外に出てくるようになり、さらに進行すると常に外に出たままになります。

血栓性外痔核ができると、強い痛みが生じます。

便秘や下痢が多い人、座っている時間が長い人、妊娠中の人などに多く見られます。

切れ痔(裂肛)

切れ痔は、排便時に硬い便が押し出されて歯状線より下の部分が切れるものです。

切れ痔があると、排便時に鋭い痛みが生じます。その際、周囲の筋肉が痙攣を起こし、排便後も鈍痛が続くことがあります。出血はあまりありません。慢性化すると肛門が狭くなり、便が細くなることもあります。

慢性的な便秘があるいと、便が硬い人、若い女性に多く見られます。

痔ろう

下痢などをきっかけに、歯状線にある小さなくぼみに便が入り、大腸菌などの細菌が感染して炎症を起こすと、括約筋の間で可能性して膿がたまり案す(肛門周囲膿瘍)。膿がたまった部分が自然に破れたり、治療で膿を出したりした後に、トンネル状の膿の管が残るのが痔ろうです。

肛門周囲膿瘍では、「お尻の痛みや腫れ」のほか、発熱が起こることもあります。痔ろうになると痛みは治まりますが、膿が出てきて、肌がベタベタします。

男性に多く、過度の飲酒やストレスなどが原因ともされています。下痢を繰り返す人もなりやすいと言えます。

痔の種類

検査と診断

問診では「痛み、腫れ、出血の状態、痔が肛門外に脱出しているかどうか、便秘や下痢の有無、生活習慣」などを聴きます。

次に、肛門を診察します。まずは、医師が肛門周辺を指で触って調べる「触診」を行います。次に「肛門鏡」を肛門に挿入して、肛門の内部を調べます。

痔と似た症状が現れる「大腸がん」や「潰瘍性大腸炎」などの病気との鑑別が必要な場合は、「エックス線撮影」「大腸内視鏡検査」などでさらに詳しく調べます。

保存療法

痔の治療法には「生活習慣の改善」「薬物療法」「手術」の3つがあります。

痔のほとんどは便や下痢が原因です。痔の治療や再発予防のためには、便秘や下痢を起こしやすい生活習慣を改めることが大切です。

いぼ痔と切れ痔の場合、初期であれば生活習慣の改善と薬物療法だけで治療が可能です。2~3か月間、生活習慣の改善や薬物療法を続けても治らない場合や、痔ろうの場合は手術が必要になります。

薬物療法

腫れや痛み、出血を抑える「座薬」や「軟膏」を用います。便が硬い場合は、「軟便剤」を服用します。

生活習慣の改善

・食物繊維が多めの、バランスの良い食事をとる…食事は適量をバランスよく食べ、食物繊維を多く含む野菜や海草類などをとるようにしてください。食物繊維は腸で水分を吸収して便のかさを増やし、便を軟らかくして排便を促す作用があります。

・規則正しい生活を送る…不規則な生活が、腸の状態に影響することもあります。

・適度に運動する…少し汗ばむ程度のウォーキングなどの運動を行うと、全身の血行が良くなり、肛門のうっ血も改善されます。腸の働きも活発になるため、便が出やすくなります。

・食べすぎ、飲みすぎを避ける…食べ過ぎによる消化不良や香辛料の取りすぎ、過度の飲酒などが、下痢の原因になることがあります。

・下痢を起こしやすい食べ物を避ける…脂肪分の多い食べ物や牛乳などで下痢をしやすい人は、それを避けます。

・薬の調整…「抗菌薬」「抗がん剤」「下剤」など、薬の副作用として下痢が起こる場合もあります。薬を使っている場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

手術

いぼ痔の手術

「常にいぼが肛門の外に出てきて不快」「指で押し込むのが煩わしい」「血栓性外痔核で痛みが激しい」などの場合は手術を検討します。

飛び出したいぼ痔を治すもっとも確実な方法が、「いぼ痔を切除する手術」です。「注射療法」を切除手術と組み合わせて行う場合もあります。いぼ痔が粘膜部分にとどまっている場合は、「ゴム輪を使った治療」が、いぼ痔が外に出てくる場合は「自動縫合器による手術」が検討されます。

切れ痔の手術

切れ痔が慢性化して、排便時の痛みに耐えられない場合は、肛門を広げやすくする手術を検討します。

痔ろうの手術

肛門周囲膿瘍の段階では、切開して膿を排出し、抗菌薬を使って炎症を抑えます。肛門周囲膿瘍の治療後に膿の管ができて痔ろうになった場合は手術を行います。

膿の管の形が単純で、括約筋の浅い部分を通っている場合は、「膿の管を切り開く手術」が、膿の管が括約筋の深いところを通っている場合は、「膿の管をくりぬく手術」が行われます。ゴム意図を膿の管に通し、数週間から数か月かけて括約筋を切開する方法もあります。

鍼灸治療

鍼灸治療では3つのタイプのうち、いぼ痔と切れ痔が適応症となります。痔ろうの場合は手術を行うかどうかを調べるために、病院へ送ることになります。

治療では「痛みの軽減」と「便通の改善」を行っていきます。痛みを止めるだけでは、また症状が出てくるためにしっかりと便秘や下痢を治療していかなければなりません。

痔の痛みを抑えるための特効穴としては、前腕部にある「孔最」があります。ここに鍼や灸を行っていきます。灸をすえる場合には、灸点紙を貼り、その上から熱さを感じるまで灸をすえていきます。熱く感じるまでやったほうが痛みの軽減につながります。灸点紙を貼っているため、皮膚に灸の痕などは残りません。

孔最

そのほか、頭のてっぺんにある「百会」なども痔に対して有効です。ここもお灸をすえていきます。ただ、頭には髪の毛があるため、灸点紙は貼らずに直にお灸をすえます。こちらは少し灸の痕が残りますが、頭髪で隠れるため目立つこともなく、灸をすえなければ自然と後は消えていくので心配ありません。

また、腰のツボを使うこともあります。骨盤上にある「次髎」などがよく効きます。ここはツボの周辺を指で押さえて、肛門のほうに響くところへ鍼や灸を行います。

痛みに対する治療と同時に便通改善の治療も行います。便秘も下痢も「排便機能がうまく働かない状態」ですので、「腸の働きを整えるツボ」を使用します。そのため、便秘と下痢の両方に効くツボというのが多数あります。

一番効果があるのは、腹部の灸です。おへそとみぞおちの間にある「中脘」やおへその下にある「関元」、関元の横にある「太巨」やおへその横にある「天枢」などを触診して、使用するツボを決めていきます。10分ほど鍼を刺したままにする置鍼を行ったり、灸点紙のお灸をしたり、灸頭鍼や箱灸などで内臓まで温めることもあります。

それ以外にも、手首のしわの外側にある「神門」なども便通改善に役立ちます。ここは自分でも指で押しやすい場所ですので、患者さん自身で普段から指圧しておくのもよいでしょう。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.