Home » 鍼灸ニュース » パーキンソン病

パーキンソン病ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ:

パーキンソン病

パーキンソン病は、脳内の「ドパミン」という神経伝達物質が減ってしまい、情報の伝達がうまくいかなくなり、運動障害が起こる病気です。多くは50歳代後半から70歳代で発症して、徐々に進行していきます。

パーキンソン病の原因はいまだに十分に解明されていません。今のところ、中脳の「黒質」と呼ばれる部位の神経細胞が減り、ここで作られているドパミンが減少するために発症することがわかっています。そのため、ドパミンを補充するような治療や、体に現れた症状に対して治療をしていきます。

パーキンソン病の原因

パーキンソン病の症状

パーキンソン病には、「パーキンソン症状」という四大症状があります。

振戦…安静時に手や足に「震え」が起こりますが、何かを持ったり、手足を動かしたりすると症状は治まります。震えは1秒間に4~6回程度のリズムで起こるのが特徴です。

筋固縮…筋肉の緊張が高まり、他の人が患者さんの関節を動かすと、動かした人に抵抗が感じられます。

動作緩慢…動きが少なくなったり、一つ一つの動作がゆっくりになったりします。

姿勢反射障害…体が傾いたときに姿勢をうまく立て直せず、転びやすくなります。他の症状のように初期から現れることは少なく、病気がある程度進行してから起こります。

このほか「すくみ足」や「すり足」、「小刻み歩行」などの症状が現れることがあります。

パーキンソン病の症状

検査と診断

問診のあと、次のような検査が行われます。

神経学的診察…歩行の状態を診たり、筋固縮の有無などを調べたりします。

脳のMRI(磁気共鳴画像検査)…パーキンソン病とよく似た症状が起こることがある「脳梗塞」などの病気との鑑別のために行います。

MIGB心筋シンチグラム…MIGBという薬を静脈に注射して、心臓の筋肉に取り込ませて心臓の状態を画像化します。この薬はパーキンソン病があると短時間で心臓の筋肉から排出されるため、診断のために有用な検査です。

パーキンソン病の治療法

パーキンソン病は原因がはっきりと分かっていないため、治療は症状の改善を目的に行います。基本は「薬物療法」で、「ドパミンアゴニスト」や「L‐ドーパ製剤」など、ドパミンの不足を補う薬が中心になります。早期にはドパミンアゴニストで治療を始めて、症状の改善が不十分ならばL‐ドーパ製剤を併用します。

薬以外の治療法では、脳の深部に電極を埋め込んで刺激を加える「深部脳刺激療法」などが行われることもあります。また、症状に応じて、歩行練習のリハビリテーションを行ったり、「カウンセリング」や「精神療法」を行ったりすることもあります。

鍼灸治療では

鍼灸治療では生活の質(QOL)を上げることを目的に行います。パーキンソン病の患者さんにはふるえなどのパーキンソン症状のほか、便秘や排尿障害、嚥下障害、起立性低血圧、睡眠障害などさまざまな症状が現れます。筋固縮を起こして固くなってしまっている筋肉の緊張をとることで歩行の改善を行い、便通や睡眠障害など、患者さんに現れた症状を一つひとつとるように治療を行い、少しでも楽に日常生活を送れるように目指します。

パーキンソン病は少しずつ進行していく病気ですので、10年、20年後に少しでも今の生活の質を維持できるように治療をしていきます。

ツボ療法で元気になろう!

【曲池・きょくち】

場所…肘を曲げたときにできるシワの外端

効能…ふるえ、筋緊張、肩こりなど

曲池

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.