Home » 鍼灸ニュース » 過敏性腸症候群

過敏性腸症候群ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , , ,

腹部に痛みや不快感を伴う下痢や便秘を繰り返す「過敏性腸症候群」という病気があります。20~40歳代という若い世代に多く、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。鍼灸治療がよく効きますので、病態と治療法について解説していこうと思います。

過敏性腸症候群の症状

「過敏性腸症候群」は血液検査や検便、エックス線撮影(レントゲン)、内視鏡による検査では異常が見つからないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴う下痢や便秘を繰り返す病気です。

過敏性腸症候群は下痢が中心に起こる「下痢型」、便秘が中心に起こる「便秘型」、下痢と便秘が交互に起こる「混合型」に分けられます。男性は下痢型が、女性は便秘型が多いとされています。

どんな病気?

過敏性腸症候群の原因についてはまだよくわかっていません。しかし、多くはストレスが関係しているのではないかとされています。

脳は自律神経を介して腸の働きをコントロールしています。ストレスを受けると自律神経が乱れ、腸が過敏な状態にあるため、腸の運動に異常が生じ、お腹に様々な症状が現れます。これがさらにストレスとなってしまい、また症状が悪化するという悪循環に陥ってしまうことも多くあります。

日本人の10~20%程度が、この過敏性腸症候群の診断基準に当てはまるとさえ言われる、多くの人に見られる病気と言えます。

検査と診断について

西洋医学での基本的な診断は「ローマⅢ診断基準」に基づいて行われいます。

ただし、下痢や便秘は重大な病気から現れることもあります。そのため、診断基準に加えて、「発熱や全身に倦怠感があるかどうか」や「この半年間に体重の著しい現象があったかどうか」などを確認します。

さらに、便に血液が混じっているか調べる「便潜血反応検査」や、貧血や炎症が起きていないかを調べる「血液検査」などが行われます。

これらの問診や検査で異常が見つかった場合は「大腸がん」「潰瘍性大腸炎」「甲状腺や膵臓の病気」などの可能性があるので、さらに詳しい検査が必要になります。診断基準に当てはまり、問診や検査で特に異常が見つからなければ、過敏性腸症候群押して診断をされます。

一般的な治療法

過敏性腸症候群は原因がよくわかっていないため根治が難しいとされています。ただし、症状を起こりにくくして、気分よく日常生活を送れるようにするということは十分可能では。

まずは無理のない範囲で「生活習慣の改善」と「食事療法」を行いましょう。

生活習慣の改善

食事は1日3食を毎日決まった時間に、ゆっくり食べるようにしましょう。毎日、適度な運動を行うことも大切です。早寝早起きをして、睡眠を十分にとることも大切です。

便秘型の人は、便意が無くても毎朝同じ時間にトイレに行くようにしましょう。

食事療法

ストレスを感じるような食事制限をするのではなく、まずは腸の働きによいものと、控えたほうが良いものを知ることが大切です。

・腸の働きによいもの…乳酸菌食品は腸内細菌のバランスを調え、腸の働きを性状に近づけます。便秘型と混合型の人は、便秘解消のために食物繊維も積極的にとりましょう。

・控えたほうがよいもの…消化しにくい脂質、腸を刺激する香辛料やお酒は摂りすぎないように気を付けます。

薬物療法

生活習慣の改善や食事療法で症状が改善されないときは「薬物療法」も行われます。

まず、「消化管運動調整薬」や「腸内細菌調整薬」で、お腹の調子を調えます。便秘型や混合型の人は、上体に合わせて下剤を追加します。

ストレスが大きく影響している場合、「抗不安薬」や「抗うつ薬」を用いたり、心療内科などで「心理療法(カウンセリング)」を受けたりすることもあります。同時にストレスを和らげる考え方を身につけることも大切です。

・ストレスを和らげるコツ…一度、ストレスによって過敏性腸症候群を発症すると、「またお腹の調子が悪くなるかも」と不安になり、それがさらにストレスとなる悪循環に陥ります。悪循環を断ち切るためには、ストレスを和らげる考え方を身に着けて、お腹の調子に対する不安をできるだけなくすことが大切です。

(例)「また便秘や下痢が起こるかも」→「起こったら、トイレに行けばいいんだ」→「慣れればなんかなる」→「症状が起こりにくくなる」

鍼灸治療

ふたば鍼灸院が行っている太極療法では便秘や下痢の治療をよく行っており、過敏性腸症候群の治療も行います。

まずはその患者さんにあるすべての症状を問診で聴き取り、腹診や脈診を行って全身的な治療を行っていきます。

ここで一つマメ知識です。たまに「頭のてっぺんのツボを押したら下痢になるぞ」などと言う言葉を聞くことがあります。これはおそらく、頭にある「百会」というツボが便秘によく効くツボであることから、健康な人が押されると下痢になってしまうのではないかと思っていうのであろうと思います。しかし、実際には百会というツボは便秘にも下痢にも効くツボです。

薬ならば、「下剤を飲めば便が出る」「下痢止めを飲めば便が出なくなる」ときっちりと別れた効果が現れます。しかし、人体のツボはそれとは別の働きをしているのです。

ツボの効果を簡単にいうと「体を正常な状態へと戻す」ということになります。同じツボであっても下痢のときに使えば便を止める効果が期待できますし、反対に便秘の時に使えば便が出るようになります。そのため、重要になるのは「どのツボが腸の働きを正常に戻す効果が強いか」ということになります。

 

過敏性腸症候群のツボ・関元・神門・三陰交

先ほどの百会もその一つですし、ほかにもおへその下の「関元」や手首のしわの小指側の端にある「澤田流神門」や内くるぶしの上方5cmほどのところにある「三陰交」などは腸を正常に戻してくれる働きが強いツボとして知られています。

また、これらのツボ以外に骨盤内部を温めるというのも過敏性腸症候群の治療に有効です。先ほどの「関元」や骨盤上にある「次髎」といったツボに灸頭鍼を行うことで治療を行っていきます。

症例

40歳代・男性

30歳代くらいの頃から下痢気味の体質になっていた。それが最近では、毎日午前中に下痢になり、午後になると全く便が出なくなる便秘状態という症状が現れてしまい、半年以上続いているといいます。特に午後は単に出ないだけではなく、便が出そうな感じがしているにもかかわらず、トイレに行っても出ないという状態で1日中困っているということでした。

病院にも通い、薬での治療を続けているのですが芳しくないということで、その治療と合わせて鍼灸治療も行いました。

まずは腹診や脈診を行い、全身的な治療を行っていきます。頭や手足、お腹に鍼を刺したまましばらく置いておく置鍼をし、その後鍼を抜いた後には同じツボにお灸も行うことにしました。

背中にも灸を行い、さらに灸頭鍼も行いました。

このような治療を何度か継続して行っていると、徐々に変化が現れ始めました。それまでは毎日調子が悪かったのが、だんだんといい日と悪い日が出始めてきました。その後も治療を続けると、さらに良くなっていき、3か月後にはお腹の調子はすっきりとよくなってしまいました。

腸の調子を整えるためには、このように鍼に加えてお灸を行ったほうが良い効果が現れやすいと思います。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.