Home » 鍼灸ニュース » 高血圧

高血圧ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , , ,

生活習慣病の代表的なものとして「高血圧」があります。最近では家庭用のデジタル式血圧計も普及してきたことにより、各家庭でも自分の血圧を把握することができるようになってきました。高血圧はそれ自体は自覚症状のない病気ですが、ほかのさまざまな病気になるリスクを高めてしまうことにつながりますので、しっかりと治療していくことが大切となります。

高血圧とは

「血圧」とは、心臓から送り出された血液が血管壁に与える圧力のことで、心臓の収縮と拡張の動きに伴って変動しています。「高血圧」とは、血圧が正常範囲よりも高くなった状態のことを言います。血圧が高い状態が続くと、「動脈硬化」などが引き起こされてしまいます。

診断

全身に血液を送り出すために心臓が主宿するとき、血圧はもっとも高くなります。この時の血圧を「収縮期血圧(最高血圧)」といいます。そして、血液を戻すために心臓が拡張している時、血圧はもっとも低くなります。この時の血圧を「拡張期血圧(最低血圧)」といいます。

収縮期と拡張期の血圧の、どちらか一方でも正常範囲を越えていれば、高血圧と診断されます。

高血圧の基準

血圧が高い状態が長期間続くと、強い圧力を受け続けた動脈の血管壁は障害され、動脈硬化が進行していきます。実際、正常範囲内であるものの、少し高めの血圧を放っておくと、命にかかわる病気を起こすケースが少なくないということが分かっています。

どこで、最近では高血圧の診断基準で「正常範囲内でも少し血圧が高め」という人たちに早い段階から注意を促すため「正常高値血圧」を設定して、ここに当てはまる人を「高血圧予備軍」と呼ぶようになっています。

日本には約4000万人の高血圧の患者さんがいますが、加えて高血圧予備軍の人が1500万人ほどいると推定されています。高血圧予備軍の人も早期から適切な対処を行うことが重要になります。

高血圧の原因

高血圧のうち約10%は、特定の病気など、何らかの原因があって起こる「二次性高血圧」ですが、残りの約90%ははっきりとした原因のない「本態性高血圧」です。本態性高血圧には、生活習慣などから生じる次のような要因が関係していると考えられています。

第一の原因は動脈硬化

動脈硬化が進むと、血管の弾力性が失われ、血液の通り道が狭くなります。すると血液が流れ行くくなるため、心臓はもっと強い圧力で血管を送り出すようになり、血圧が上昇します。

そして、高血圧によって動脈硬化が進むと、さらに血圧が上昇するという悪循環に陥ります。

自律神経やホルモンも影響する

血圧は常に変動していますが、それに深く関係しているのが「自律神経」です。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、心臓や胃など全身の臓器や血管に分布していて、それぞれの働きによって血圧を上げたり、下げたりします。

加えて、交感神経の働きによって血管を上昇させる作用のあるホルモンが分泌されることも、血圧に影響します。

ナトリウムも血圧を上昇させる

食塩(塩化ナトリウム)の成分であるナトリウムも、血圧を上昇させます。

血液中のナトリウム濃度は、ほぼ一定に保たれています。しかし、食塩を摂りすぎると濃度を保つために血管内に水分が引き込まれます。その結果、血液量が増加し、心拍数も増えて血圧が上がるのです。また、ナトリウムは交感神経を興奮させたり、血圧を上昇させるホルモンに直接作用して、血圧をあげます。

高血圧のタイプ

一般に、日中に医療機関を受診して測った「診察室血圧」が正常範囲を越えていれば高血圧と診断されます。

ところが、中には診察室血圧は正常なのに、夜間や早朝、あるいは職場にいるときだけ高血圧になるという人がいます。これを「仮面高血圧」といいます。仮面高血圧には「早朝高血圧」「職場高血圧」などのタイプがあります。

仮面高血圧は、狭心症や心筋梗塞、脳卒中といった「心血管疾患」を起こす危険性通常の高血圧のある人と同じくらいに高いので、適切な治療がが必要になります。しかし、医療機関での計測では正常値なので、見逃されてしまうこともあります。

そのため、仮面高血圧を見つけるには、家庭で測った「家庭血圧」が必要になるのです。

家庭血圧は「収縮期血圧が135mmHg以上、または拡張期血圧が85mmHg以上」のときに高血圧と診断されます。家庭でリラックスした状態で測れば、血圧は本来低めに出るので、家庭血圧の基準値は診察室血圧よりも低く設定されています。

高血圧が招く病気

高血圧自体にはほとんど自覚症状がありません。しかし、そのまま放っておくと、静かに、しかし確実に命にかかわる病気を起こす危険性が高まります。

中でも特に怖いのが、動脈硬化によって起こる病気です。血圧が高い状態が続くと、血管壁が障害されて、徐々に固くもろくなっていきます。また、血管壁にコレステロールなどが入り込むと、内側から血管壁が押し上げられ、血管の内腔(血液の通り道)が狭くなります。この状態が動脈硬化です。動脈硬化がさらに進むと、いつ狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの「動脈硬化性疾患」を起こしてもおかしくない状態にまで進みます。

これらの病気は主に太い血管が傷ついた場合に起こりますが、ほかにも細い血管が障害されることによって「腎臓病」を招いたり、心臓に負担がかかりすぎるために「心肥大」や「心不全」を起こすこともあります。

高血圧によって起こる病気

西洋医学的治療

高血圧の治療の基本は、食事や運動などの生活習慣の改善です。

家庭で血圧を測る

家庭で血圧を測定すると、普段の自分の血圧が分かるだけではなく、仮面高血圧の発見にも非常に有効です。また、生活習慣の改善の効果を診たり、薬物治療を行っている場合は薬の効果を確認するうえで、とても重要な情報となります。

血圧は、朝と夜の2回測りましょう。仕事で強いストレスを受けていると感じる人は職場で測ることも大切です。

降圧薬の服用が必要な場合

生活習慣を改善しても血圧が十分に下がらないときや、脳卒中や心筋梗塞を発症するリスクが高い場合は、降圧薬が必要になります。

降圧薬には、血管を拡張冴えるタイプの「カルシウム拮抗薬」「アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬」「アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)」「α遮断薬」「レニン阻害薬」、血流を減らして血圧を下げる「β遮断薬」「利尿薬」、そして「ARBと利尿薬の合剤」などがあります。

薬物療法は処方された薬をきちんと飲むことが何よりも大切です。自己判断で勝手に増やしたり減らしたり、やめてしまったりすると薬が本当に効いているのかどうか判断がつかなくなるため、絶対にやめましょう。

鍼灸治療

ふたば鍼灸院では治療を行う前には必ず問診をとり、その際に血圧の測定も行います。高血圧の患者さんの場合は、血圧を下げる治療も併せて行います。

高血圧の方は自律神経の乱れが多いため、そのような場合は自律神経を落ち着かせるツボに鍼や灸を行っていきます。頭のてっぺんにある「百会」や手首の内側にある「内関」、足首にある「中封」などが自律神経に影響を効くツボです。内関や中封は患者さんが自分で灸を行いやすい場所でもあるので、自宅で灸を行うのもよいでしょう。

高血圧・百会・内関・中封

また、高血圧により体内に水分がたまった状態になっているのも改善しなければなりません。水分調整に働くツボとしてはかかとの真ん中にある「失眠」や仙骨部分の「次髎」などが良いでしょう。ここも灸がよく効きます。特に失眠には熱さを感じるまで何壮も灸をするのがポイントです。

そのほか、あまりにも血圧が高くなりすぎている場合には血圧を速効的に下げることのできるツボを使用することもあります。首の横でのど仏の後方に位置する「人迎」というツボがそうです。ここは頸動脈の拍動がドクドクと伝わる場所に対して、拍動している血管に当てるように鍼を刺します。鍼灸治療で使用する鍼は0.16mm程度とかなり細い鍼ですので、動脈の血管壁に当てても問題ありません。うまく当てれば、すぐに血圧が30~50程度下がります。

他にも全身の調子を整えることも大切です。例えば高齢者は夜眠れないことがあり、それが高血圧の要因になっていることもあります。また、足や腰などが痛くて日頃運動を行うことができないということもあります。高血圧を治療するためにも、これらの症状を一つひとつ改善していくように治療を行う必要があります。

当然ですが、高血圧の治療は鍼灸治療だけをやればそれでいいというわけにはいきません。しっかりと生活習慣を改善し、運動を行い、処方された薬はしっかりと服用して、患者さん本人が治すんだという意識も必要になります。

症例

80歳代・女性

以前から高血圧があり、病院で薬も処方されていた患者さん。しかし薬を飲んでいてもなかなか血圧は下がらず、180~200という高い値で推移していました。

高血圧のためではなく、腰痛などほかの治療のために鍼灸治療を受けるようになったのですが、腰痛の身ではなく全身的な治療を行っていると、徐々に血圧が下がってきたといいます。

普段の生活を思い返しても、下がった原因となるようなことと言えば鍼灸治療を始めたことくらいで、その患者さんは医師と「鍼灸が効いたみたいだね」と話していたといいます。

かなり重度の高血圧であったため、鍼灸治療のみでは改善しなかったかもしれません。鍼灸と薬、そして腰が痛いながらもできる範囲で歩くように心がけていたのが高血圧の改善へとつながったのではないかと思います。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.