Home » 鍼灸ニュース » 膝の痛み

膝の痛みふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , ,

人の体はいくつもの骨と筋肉によって、滑らかな動きができるようになっています。もし、何らかの事情によって骨や筋肉にトラブルが発生したときには、今までできていた動作ができなくなり、日常生活に大きな支障をきたすことになってしまいます。

複数の骨と骨を筋肉によって支えているところを「関節」といいますが、この関節には構造上、負担がかかりやすく、トラブルが起こることがあります。その中でも、「膝の関節」には毎日歩いたり、階段を昇ったりすることで非常に大きな負担がかかっています。そのため、膝の痛みが現れることがあります。

膝が痛くなるとまともに歩くことすら困難になるため、日常生活に非常に大きな影響を及ぼします。鍼灸治療でしっかりと治して、歩ける体を取り戻しましょう。

膝の構造

膝は太ももにある「大腿骨」と、脛にある「脛骨」、膝の皿とも呼ばれる「膝蓋骨」が組み合わさってできた関節です。体の中でも最も大きな関節で、複雑な仕組みをしています。

大腿骨と脛骨の端の表面は、骨同士が直接ぶつからないよう、「関節軟骨」で覆われ、大腿骨と脛骨の間には「半月板」という線維性の軟骨があります。これらの軟骨は、膝にかかる衝撃を吸収するクッションの役割や、関節が滑らかに動くための役割を果たしています。

関節は、「関節包」という袋に包まれ、その中は「関節液」で満たされています。

膝関節の中央や周囲には、骨と骨をつなぐ「靭帯」や筋肉があり、膝を安定させています。特に、太ももの前側の「大腿四頭筋」などの筋肉や、骨と筋肉をつなぐ「腱」、膝蓋骨は、膝を曲げ伸ばしする動きを調節しており、2本の足で歩くために欠かせない大切な仕組みです。

この膝関節のどこかが障害されると、膝に痛みを感じるようになります。

膝関節の構造

 

膝の痛みの原因

膝に痛みを持つ人はたいへん多く、そのほとんどは「変形性膝関節症」が原因だと言われています。

体の他の部位と同様に、加齢に伴って膝関節も老化します。関節の軟骨がすり減ったり、関節が硬くなったり、熱をもって腫れるなどの障害が起きやすくなり、膝に複雑な痛みが生じます。多くの場合、加齢とともに少しずつ進行します。

加齢による膝の痛みは、女性に多く見られ、特に肥満のある人やO脚の人に起こりやすいことが分かっています。

変形性膝関節症の病態

膝の痛みのタイプ

膝の痛みは、膝関節の中や関節の周囲の組織に起こり、次の4つのタイプに分けられます。

・使い過ぎによる痛み…検査では軟骨などに異常は見られないのに、比較的強い痛みが起こります。スポーツ選手などに多く、膝関節に大きな負担がかかり、それをかばうために関節周囲の筋肉や腱、靭帯などが疲労して、痛みが生じます。

・急性の炎症による痛み…変形性膝関節症の始まりの1つのタイプです。膝関節を長年使い続けたり、激しく使ったりすることで、関節軟骨や半月板がすり減り、その破片が関節包の内側を覆う「滑膜」を刺激することで、関節内に急激な炎症が起こります。炎症が強いと関節液が異常に分泌され、いわゆる「水がたまる」という状態になります。

・慢性の炎症による痛み…中高年の膝の痛みでは最も多いタイプです。軟骨の破片などが原因となって、関節内で弱い炎症が繰り返されると、関節包など膝関節の周囲の組織が硬くなり、痛みをかばって動くようになります。すると、膝関節の周囲に負担が偏ってかかり、疲労が積み重なって起こります。

・骨の痛み…軟骨がかなりすり減ってくると、骨同士が直接ぶつかるようになります。じっとしていても、動いている時にも、鈍く強い痛みが続きます。

検査と診断

まずは問診で症状などを詳しく聴きます。痛みの原因を特定するために、問診は重要になります。

さらに視診や触診で、足の変形や歩行時の姿勢を見るほか、膝に関節液が溜まっているかどうか、膝の動かせる範囲なども調べます。必要があれば、エックス線検査などで骨の状態を診ることもあります。

薬物療法

膝の痛みを和らげ、炎症を抑えるために「薬物療法」が一般的に行われます。

最初に用いられるのが、「非ステロイド抗炎症薬」です。内服薬や外用薬、座薬があり、状態に応じて使い分けます。

関節軟骨や関節液の成分の一つである「ヒアルロン酸」を、関節内に注射することもあります。膝の動きを滑らかにしたり、炎症を抑えたりすることで、痛みを抑える効果が期待できます。

運動療法

変形性膝関節症の症状は、ある程度、自分でコントロールすることもできます。そのために重要になるのが「運動」です。

変形性膝関節症では、膝関節の周囲にある筋肉や腱などが硬くなって、症状が悪化します。痛みがあると膝をあまり動かさなくなり、ますます膝関節の周囲が硬くなるという悪循環をきたします。

そこで、運動などで、膝周囲の柔軟性を高めることが重要になります。運動を続けると、膝関節の周囲の柔軟性が高まり、血行が改善して痛みが和らぎます。関節軟骨が刺激されて軟骨の細胞が活性化し、関節を動かしやすくなる効果も期待できます。

膝関節の周囲が柔らかくなってきたら、大腿四頭筋など、膝関節を曲げ伸ばしするための筋肉を鍛える運動も行いましょう。プールでウォーキングを行うのも膝に負担尾かからない運動としてお勧めです。

これらの運動は、どの年代の人が行っても効果的であり、膝の痛みの予防にもなります。毎日少しずつでもよいので継続することが大切です。

装具の使用

運動で膝関節周囲の柔軟性を保つとともに、膝にかかる負担をできるだけ減らすことも大切です。

方法の1つとして、「補助具」の使用があります。靴の中に入れたり、足に装着したりしてO脚を補正する「足底板」や、膝の部分に装着してO脚を矯正する「支柱付き装具」などがあります。膝に「サポーター」を付けて保温するのも、膝関節が硬くなるのを防ぐのに効果的です。

日常の生活でも、できるだけ膝への負担を軽くする工夫が必要です。

手術

薬物療法や運動療法を行っても痛みが改善せず、長期間続いていしまうことがあります。そのような場合には手術を検討することもあります。手術の方法はたくさんありますが、大きく3つに分かれます。

関節鏡を使った手術

関節専門の内視鏡である「関節鏡」を使って、痛みの原因となっている半月板や軟骨の破片を取り除いたり、破片ができるのを防ぐ手術です。手術後の傷跡も小さく、入院も2~3日ですみます。

脚の形を変える手術

変形性膝関節症では、膝関節の関節軟骨のうち、外側は問題がないのに内側が偏ってすり減り、O脚が進んでいるケースが多く見られます。このような場合、脛骨の一部を切り取ってO脚を矯正し、膝関節の内側にかかる負担を軽減する手術が検討されます。

ただし、、手術後も膝関節の老化は進むため、将来的には外側の関節軟骨も障害されてくる可能性はあります。膝に違和感がなく、満足できる状態が続くのは手術後10年程度と言われてます。

人工関節置換手術

障害された膝関節を人工関節に置き換える手術です。主に関節軟骨がほとんどなくなって、骨の変形が強く、O脚が進んでいる場合に行われます。

正座のように膝を深く曲げる動作は難しくなりますが、痛みの原因となっている部分を人工物に置き換えるので、痛みをとる確実な効果が見込まれます。

人工物を体内に入れるので、手術中に血栓ができたり、手術後も人工関節の部分に感染が起きたりして、重い合併症を起こす危険性があります。摩耗や破損などが起こることもあるため、手術後は定期的に検査を受け、人工関節の状態をチェックします。

手術の方法を選ぶ1つの基準は、痛みの状態、軟骨のすり減っている部位や程度、膝の変形の進み具合なおd、膝関節の状態です。そのほか、年齢や生活習慣なども考慮に入れたうえで選択します。

また、患者さん自身の意思が最も重要になります。手術をすすめられた時は「手術を受けないとどうなるのか」をきちっと理解したうえで、さらに「自分が手術後にどのような生活を送りたいのか」を考えて選ぶことが大切になります。

手術後は、傷の痛みなどが治まり元の生活に戻るまで3~6か月はかかります。また、手術を受けても、それだけで膝周囲の筋肉や腱などの柔軟性が取り戻せるわけではありません。

手術後も膝関節の柔軟性を高める運動を引き続き行いましょう。症状の改善や進行予防のために、自分で行えることはしっかりと行うことが大切です。

鍼灸治療

膝の痛みは鍼灸院の臨床上でもよくみられる疾患です。特に骨や筋肉などは加齢に伴って様々なトラブルがでやすいため高齢者の多くは膝に不安を抱えています。また、最近ではマラソンやジョギングなどがブームになり、運動のために走ったら膝に痛みが出てきたという人も少なくありません。どちらも鍼灸治療の適応症です。

治療では問診をしっかりと行い、「いつから、どこが、どのように痛むのか」を聞き取ります。また、「どうしたときに痛みが強くなる」「これをすれば痛みはマシになる」という要因がないかもしっかりと確認します。

治療の目標としては「現在の痛みよりも少しでも痛まない状態を作る」ということがあげられます。痛みがマシになってくれば自然と日常生活での動きも多くなり、体を動かす機会が増え、それによって筋肉がつき、さらに痛みが改善されるという好循環が生み出されるからです。

痛みを起こす原因としては「炎症」が最も多いです。骨の変形があったり、軟骨がすり減っていたり、筋肉に過度な負担がかかっていたりと、ほとんどの場合に炎症が起こります。膝関節の関節包に炎症が起こると、体はその炎症を抑えようと炎症部位に分泌液を集めます。するとその集まった分泌物に炎症箇所がさらに圧迫されて、炎症が悪化し、炎症が悪化するとさらに分泌液がたまるという悪循環が起こります。

これが「膝に水がたまった」という状態で、「水を抜いてもまたたまってしまう」というのは炎症が残っているからです。そのため、まずは炎症を止める必要があります。

炎症を止めて膝の痛みを改善するにはお灸をするのが一番です。膝を指で押さえていき、軽く押さえただけでも痛みが強く出る圧痛点にたいして、小さくちぎったもぐさで灸を行います。反応のある圧痛点すべてに灸をすえていくと、それだけでかなりの痛みの軽減が見られます。

また、膝を治療する際に注意しておかなければならないことがあります。それは「痛みの自覚がない側の膝も治療する」ということです。

例えば、右膝が痛いという患者さんであっても左右の膝で圧痛点を探して両方ともに灸を行います。これは、右が悪ければそれをかばうようにして普段とは違うおかしな歩き方をしているため、実は左膝にも負担がかかっているからです。右だけを治療してたとえよくなっても、今度は左に痛みが出て、それをかばうようにして再び右膝にも痛みが出るということがよくあるからです。

治療箇所は膝だけとも限りません。膝関節を構成する筋肉は大腿四頭筋のように太ももから股関節にまでまたがっているものもあります。膝が悪くなるとこれらの筋肉に負担がかかっているので、太ももの側面にある「風市」というツボや、膝の下方にある「陽陵泉」に鍼や灸を行うこともあります。また、腰や殿部に対しても治療をすることもあります。

そのほか、膝の痛みによって歩き方がおかしくなればその分がほかにも影響を与えていることが考えられます。例えば、左右の脚で歩き方が違ってしまい、そのせいで肩の凝りも片側が強く現れるということもあります。そのように、関連して現れる症状があれば、それらの症状に対しても治療を行っていきます。

症例

80歳代・女性

鍼灸治療を継続して受けられている患者さん。ある日、急に膝が痛くなり、歩けなくなってしまいました。思い当たる原因は特にありません。病院を受診してレントゲンなどで検査を受けると、骨の変形が見られますが、年齢相応くらいで、骨の変形が急激に起こったわけでもありません。

それまで歩けていた状態から痛みが出て歩けなくなってしまったため、車いすに座り、押してもらって来院されました。

問診で詳しく話を聴くと、膝の痛みは膝の裏側が特に痛いと言います。指で押さえて圧痛点を確認すると、膝関節の裏で、膝のしわ上にある「委中」というツボに反応が出ています。いつも行っている治療にプラスして、この委中に灸点紙というシールを貼り、その上からお灸をすえることにしました。

変形性膝関節症・委中

委中以外にも膝周りのツボや殿部に対して治療を行うことを続けました。当初は車いすでしか外出できなかったのが、徐々に歩行用の押し車を自分で押して歩けるようになり、3か月後には杖を突いて遠くまで歩くこともできるようになりました。

治療を続け、可能な範囲で体を動かすようにされたのがよかったと思います。高齢になって膝に痛みが現れると「年のせいだから仕方がないんだ」とあきらめる方もおられますが、そんなことはありません。鍼灸治療を利用して、生活の質を高めていきましょう。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.