Home » 鍼灸ニュース » 冷え症

冷え症ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: ,

「体が冷えている」と感じたことはないでしょうか。冷え症は意外と多くの方が悩んでおられる症状です。主に女性に多い症状ではありますが、最近では男性でも冷え症の方が少なくありません。

かつては冬になると体が冷える状態になっていましたが、近年ではエアコンによる空調設備のせいで夏場でも体が冷えることも少なくありません。1年を通して冷え症の対策を行うことが大切です。鍼灸治療もよく効きますので利用するとよいでしょう。

冷え症の症状

「手足が冷えて寝つけない」「体が冷えて肩や腰が痛む」など、「冷え」に悩ん人は少なくありません。冷えは数値で表せるものではなく、自覚症状が基準となります。また、男女で比べると女性に冷え症が多いのは、快適に感じる温度が男性よりも3℃ほど高いことも関係しているとされています。

冷えは特に病気はないのに起こる場合がほとんどですが、何らかの病気が冷えの原因になることもあります。心不全などの心臓病、閉塞性動脈硬化症などの血管の病気、甲状腺機能低下症、強皮症などの自己免疫疾患を見逃さないことが大切です。

「指先が白くなる」「動機や息切れがある」「手足がしびれる」「片側の手や足だけが冷えて痛む」などがあれば一度検査を受けるほうがよいでしょう。

なぜ起こるのか

病気が無いのに冷えが起こるのは、「体の中で作られる熱の量が少ない」ことと、「作られた熱を体の隅々まで運ぶことができない」ことが原因だと考えられています。さらに、体温調整を行う自律神経のバランスが崩れると、冷えが助長されます。

自律神経の影響

自律神経には、活動時に優位になう交感神経と、休息時に優位になる副交感神経があります。自律神経の働きで、活動時には発汗促進や血圧上昇、末梢血管の収縮による手足の冷えが起こり、休息時には発汗抑制、血圧降下、末梢血管の拡張で手足が温もります。しかし、ストレスなどで交感神経から副交感神経への切り替えがスムーズにいかないと、手足が冷えたままの状態になりやすくなります。

冷えが引き起こす体の不調

冷えがあると血液や代謝が悪くなり、頭痛や肩こり、腰やひざの痛みが誘発されたり、胃腸の働きが低下して便秘や腹痛が起こったり、月経痛がひどくなったりすることがあります。更年期の女性には手足は冷えるのに上半身はのぼせる「冷えのぼせ」が起こりやすくなります。

また、冷えと関係が深いとされる膀胱炎、関節リウマチ、アレルギー性鼻炎などの病気が悪化する場合があります。

対処方法

冷え症の改善には、体を温める工夫を生活に取り入れることが大切です。

・朝食をとる…体を温める熱源は食物です。体温や代謝を高めて体を目覚めさせるためには朝食は必ず食べましょう。朝がゆなど、消化が良くて体が温もるものもよいでしょう。

・温かい飲み物を飲む…寝る前に温かい飲み物を飲むと、寝つきがよくなります。カフェインを含むものは避け、くず湯や生姜湯、カモミールティーなどが良いでしょう。アルコール飲料は飲んでも少しだけにしておきましょう。

冷え症改善の食べ物

・運動で筋肉を増やす…筋肉は一日の活動で体が生み出す熱の約6割をつくります。筋肉を増やすために運動を行いましょう。一番良いのはスクワットです。ただし、運動をした翌日に疲れが残る場合はやりすぎであることが多いので、気をつけましょう。

・リラックスをする…リラックスすると末梢血管が拡張子、手足が暖かくなります。「ぬるめのお風呂にゆっくりと入る」「好きな香りや音楽を楽しむ」など、自分なりのリラックス法を見つけましょう。

・冷暖房や衣服の調整…冷房が効いたオフィスなどで自分で温度調整ができない環境では、重ね着をして体が冷えないようにします。腹巻やカイロで腹部を温めるのも有効です。

・漢方薬で体質改善…昔から漢方では冷えを治療対象にしてきました。漢方薬は「冷え性にはこれ」と決まったものはなく、その人の体を診察して、その人に合ったもの使うことになります。できれば漢方薬に詳しい医師の診察を受けるようにしましょう。

鍼灸治療

鍼灸治療でも冷え性の治療を行いましょう。ただし、一度の治療で冷え症がきれいに治まった、となることはありません。あくまでも治療を続けて、冷えにくい体を作るようにしていきます。

冷え症の治療でもまずは問診をしっかりととることになります。どこがどのように冷えているのか、いつからそのような症状があるのか、などのほかにもきちんと食事をとれているかや夜は眠れているか、便通はきちんとあるかなどや、女性では生理などについて尋ねることもあります。

さらに腹診や脈診を行います。お腹に触れたときにお腹の奥の方まで冷えている場合は、基礎体力が低下していると考えられます。しっかりと生活を改善していかなければ、いくらカイロをあてて温めていても冷えは取れないことも多いです。

治療では主に「灸で体を温める」「自律神経のバランスを調整する」「筋肉の凝りをほぐして血流をよくする」ことなどを行っていきます。

頑固な冷えの場合は腹部や足、腰などに灸頭鍼を行います。体に鍼を刺して、その上にもぐさを乗せてお灸する灸頭鍼という方法では、広い範囲を体の中のほうまで温めることができます。また、赤外線などを当てるよりも長時間体が温もり続けているという効果もあります。特に下半身が冷えている場合は、骨盤の下部を温めると腰から下全体が温もります。

また、それ以外にも全身のツボを使用して治療を行っていきます。冷え症だけではなく、肩凝りや腰痛、そのほかの患者さんが持つすべての症状に治療を行い、少しでも体が楽な状態を作り出して、それが持続するように治療を継続していきます。

運動や食生活の指導のほか、衣服の着方などのアドバイスも行っていくこともあります。

症例

50歳代・女性

肩凝りで来院されている女性。問診でほかに症状はないかと聴くと、足が冷えるとおっしゃいます。特に冬場は冷えて困るので、靴下を2枚重ねにしているといいます。

そこで肩凝りの治療と合わせて冷えに対しても治療を行うことにしました。足首の上にある「三陰交」というツボに鍼を刺したてしばらく血流よくなるように置いておく置鍼を行います。さらにこの置鍼後にはその鍼にもぐさを付けて灸頭鍼を行いました。冷え症の効果がある三陰交ですが、生理痛にも効果のある婦人科疾患によく効くツボです。

三陰交

さらに、足の裏でかかとの真ん中にある「失眠」というツボにもお灸を行います。ここへのお灸はもぐさを小さくひねってちぎったものを使用する灸頭鍼とは別の方法のお灸です。ただ、失眠に灸をすえる場合は、熱さを感じるまで何壮もすえたほうが効果がありますので、今回も熱く感じるまで灸を続けていきました。

それ以外に肩や背中、腰に鍼を行い、最後に体全体が温もるように背中に数か所、灸頭鍼を行いました。肩や腰、骨盤を温めることで治療を終えると「ポカポカと体が温もって気持ちがいい」とおっしゃっていただきました。

この治療を継続していったところ、問診のときにあまり冷えについておっしゃらないようになりました。「最近冷え症はどうですか?」とこちらが尋ねると、「ああ、そういえば最近はあんまり冷えなくなったかも。靴下も1枚だけですんでるよ」とおっしゃっておられました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.