Home » 鍼灸ニュース » 加齢黄斑変性

加齢黄斑変性ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , ,

物が歪んで見えたり、視野の中心部が暗くなる病気があります。「加齢黄斑変性」という病気です。この病気は失明へとつながる重大な病気であり、すぐに眼科を受診して治療を行う必要があります。

加齢黄斑変性とは

目に入った光は「網膜」に像を結びます。加齢黄斑変性は、加齢に伴い、網膜の一部である「黄斑」が障害される病気です。

「ものが歪んで見える」「視野の中心部が暗く見える」「視野が欠ける」などの症状が現れ、放置していると失明してしまいます。

ヨーロッパでは加齢黄斑変性は中途失明の主な原因となっています。日本では第4位となっており、中高年の男性を中心に増えています。

黄斑は網膜の中心にあり、物を見るのに必要な感度の良い「視細胞」が多く集まっています。特に、黄斑の中心にある「中心窩」はもっとも機能が高く、視力が出る部分です。

加齢黄斑変性では、黄斑にある視細胞が変性します。主に次の2つのタイプに分けられます。

・滲出型

脈絡膜にある毛細血管から新生血管が生えるタイプです。

視細胞は新陳代謝を繰り返し、その老廃物を「網膜色素上皮細胞」が消化します。加齢によって網膜色素上皮細胞の働きが衰えて、老廃物が蓄積すると、脈絡膜にある毛細血管から新生血管が生えてくるとされています。

新生血管はもろく、出血やむくみを引き起こします。すると、視細胞が浮き上がり、ものが見えにくくなります。放置すると視細胞が死滅し、視野が欠けていきます。

加齢黄斑変性の新生血管

・委縮型

視細胞の下にある網膜色素上皮細胞などが、加齢に伴って委縮するタイプです。黄斑の視細胞が徐々に死滅して、視野が欠けていきます。

委縮型の患者数は滲出型の3分の1程度で、滲出型に比べて非常に緩やかに進行します。

検査と診断

診断の際は、眼底の状態、新生血管の有無などを調べる検査を行います。

一般的な眼底検査では、動向を広げる薬を点眼してから「倒像鏡」を使って、眼底の状態を観察します。新生血管の状態を診るには、蛍光色素を含む造影剤を注射して行う「傾向眼底検査」で、さらに眼底の血管の状態を詳しく調べます。眼底に赤外線を当てて黄斑の状態などを見る「光干渉断層計(OCT)」による検査を行うこともあります。

西洋医学的治療

委縮型に対しては、現在のところ残念ながら治療法が見つかっていません。定期的に受診し、経過観察を行います。

滲出型の場合、進行を抑える治療を行います。治療法は新生血管の位置によって異なり、新生血管が中心窩から離れている場合は「レーザー療法」、新生血管が中心窩にある場合は「光線力学療法」や「抗血管新生療法」が行われます。

レーザー療法

レーザーを当てて新生血管を焼き切ります。出血や浸出液がなくなり、視細胞の障害が抑えられます。治療は日帰りで行われます。

治療によって症状の進行は抑えられますが、レーザーが当たった部位の視細胞も同時に生姜され、その部分の視野が欠けます。そのため、新生血管が中心窩にある場合は行われません。

光線力学療法(PDT)

新生血管に集中的に取り込まれる「ベルテポルフィン」という薬を静脈注射した後、特殊な波長のレーザーを黄斑に当て、薬を活性化させて新生血管を退縮させます。ベルテポルフィンは、もとからある血管にはほとんど取り込まれないため、新生血管以外には影響が少ないと言えます。

治療後は光に反応しやすくなるため、初回治療時に限って2泊3日の入院が必要です。退院後も3日間程度は日光に当たるのを避けます。

光線力学療法を受けるには次のような条件があります。

・網膜の機能が残っている…視細胞が死滅した状態では、視力の改善は困難です。

・障害された部分が小さい…照射範囲は最大約6mmなので、照射する病巣の範囲がその範囲内である必要があります。

・矯正視力が0.1~0.5…矯正視力が0.6以上の場合、逆に視力が低下することがあります。

治療後は3か月おきに検査を受け、新生血管が生えていれば再び治療を行います。加齢黄斑変性は両方の目に起こる可能性がたかいため、治療後の定期的な検査が大切です。

光線力学療法を受けた患者さんの1年後を調べたところ、視力の改善が約23%、維持が約55%、悪化が約22%という報告もあります。障害された視細胞は元には戻りませんが、ゆがみなどの見え方は改善します。

抗血管新生療法

新生血管の成長に関わるたんぱく「VEGF」を減らして、新生血管の発生や成長を抑えます。

PDTよりも黄斑へのダメージが少ないとされ、「ラニビズマブ」や「ペガプタニブ」などの薬が使われます。

点眼麻酔後、水晶体の後ろにある「硝子体」に、白めの部分から薬を注射します。ラニビズマブの場合、4週間に1回、まずは3回治療を行い、その後は状態に応じて治療を継続します。視力の回復も期待できる薬です。ペガプタニブの場合、6週間に1回治療を行います。ラニビズマブよりも作用は弱いですが、より安全に使用できます。

ただし、一時的に眼圧が上がることがあり、「緑内障」がある人には注意が必要です。ラニビズマブは全身の血管に作用する可能性があるため、「心筋梗塞」や「脳梗塞」など、血管の病気がある人には慎重な検討が必要となります。

早期発見のために

碁盤のマス目や障子の桟などを見て、見え方に異常がないかを定期的にチェックしましょう。異常を感じた場合、すぐに眼科を受診しましょう。

加齢黄斑変性のチェック

鍼灸治療

加齢黄斑変性は失明へとつながる病気です。そのため、鍼灸院に来院された患者さんでその疑いがあると言われた場合には、すぐに紹介状を書き病院へと送る必要があります。

特に簡便で行いやすい検査が方眼紙などを見て歪んでいるかどうかという点です。もし、その所見が見られた場合には病院で精査してもらう必要があります。

加齢黄斑変性は「目の生活習慣病」であるとも言われています。そのため、生活習慣を改善することで予防することも可能です。

まずは、禁煙を行いましょう。喫煙をしていると新生血管が作られやすくなり、リスクが3倍ほどに高まると言われています。

また、普段から太陽光が目に入らないように気を付けておくことも大切です。サングラスをかけたり、帽子をかぶることで光を遮るのが良いでしょう。

そのほか、食生活にも注意が必要です。ビタミンA、C、Eや亜鉛、ルテインには加齢黄斑変性の予防効果があるとされています。ルテインはキャベツやほうれん草などに多く含まれています。

これらの生活指導を行い、さらに目に疲労がたまらないように鍼灸治療を覆なっていきます。目の周囲のツボに対して置鍼を行います。

眉毛の内端にある「攅竹」や目尻の後方にある「瞳子髎」、頭部にある「承光」や後頸部の「天柱」などのツボが眼疾患に対して効果的です。

予防に対してもいいですが、再発や悪化を防ぐという意味でも、鍼灸治療は助けになると思います。

緑内障・承光・攅竹・天柱

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.