Home » 鍼灸ニュース » 網膜剥離

網膜剥離ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , ,

網膜剥離とは

網膜剥離とは、目の奥にある「網膜」が本来ある場所からはがれてしまうもので、次のような症状が現れます。

飛蚊症

目の前で小さな虫が飛んだり、糸くずがまったりしているように見えるもので、網膜剥離の代表的な症状です。

飛蚊症は加齢によっても起こります。目の「水晶体」と網膜の間を満たすゼリー状の「硝子体」に濃淡ができるために起こる生理的な現象で、通常問題はありません。

網膜剥離では、網膜に空いた孔を通って硝子体に入ってきた色素や、孔が開くときに起こった出血が、影のように見えるために起こります。飛蚊症が突然に現れたり、見えるものが急に増えたりした場合は、網膜剥離を起こしている可能性があります。

光視症

光が走るのが見えたり、目を閉じていても光を感じたりするようになります。縮む硝子体に網膜が引っ張られて起こることがあります。

視野欠損

網膜のはがれた部位で、視野が欠けます。

視力低下

網膜の中で最も物を見る機能の高い「黄斑部」に剥離が及ぶと、視力が急激に低下します。

どんな病気か

硝子体は99%が水分でできたゼリー状の組織ですが、加齢とともに水っぽくなります。その結果、硝子体に濃淡ができ、網膜に影ができて起こるのが生理的な飛蚊症です。

硝子体は加齢とともに縮んで網膜から離れていきますが、網膜との癒着が強い部分があると、網膜が引っ張られて、網膜に孔が空きます。この孔から、網膜の外側にある「網膜色素上皮細胞」と網膜の間に液化した硝子体が流れ込み、網膜がはがれるのです。

網膜剥離

また、網膜剥離は、外部から目に強い力が加わることや、ほかの病気も原因となります。

検査と診断

網膜剥離の診断で重要なのが、「眼底検査」です。散瞳薬を使って瞳孔を広げてから目の奥の眼底を観察し、網膜の状態を調べます。ほかにも、見える範囲を調べる「視野検査」なども行われます。

西洋医学的治療

治療では、網膜のはがれた部分を修復し、進行を食い止めます。最近では、早期に発見し、適切な治療を行えば、網膜剥離によって失明することは少なくなっています。

レーザー治療

レーザーを使って、網膜をくっつける方法です。

網膜に孔はあるものの、はがれ方が小さい場合や、ほとんどはがれていない場合に行われます。外来で受けられる治療です。

網膜復位術

レーザー治療の対象ではないものの、孔や剥離部分が比較的小さい場合が対象です。

孔のあいた部分を眼球の外側からスポンジを縫い付けて押さえ、はがれた網膜と網膜色素上皮細胞をくっつけます。通常は1~3週間入院します。

硝子体手術

はがれた部分が大きい場合に行われます。硝子体を取り除いてガスを注入し、はがれた網膜をくっつけます。

ガスは軽く、上方に移動するため、網膜に圧力がかかるよう、手術後はうつ伏せで安静に過ごします。通常は1~3週間の入院が必要です。

鍼灸治療

網膜剥離が起こってしまった場合、治療の基本はレーザー治療などの西洋医学になります。急に飛蚊症などが出てきたといった場合には眼科を受診して検査を受けるように紹介状を書くことがあります。

ただ、一度網膜剥離を起こした場合、再発する可能性が残ります。そのため、再発予防として鍼灸治療を行うことがあります。

治療の基本は眼疾患に対して効果のあるツボを使うことで、日常生活で目にかかる負担を少しでも軽減することを目指します。

眉毛の内端にある「攅竹」や目尻の後方にある「瞳子髎」、頭部にある「承光」や後頸部にある「天柱」などは眼疾患によく効くツボです。これらのツボに鍼や灸を行っていきます。顔面部に対してはごく浅くさすだけの鍼や灸点紙というシールを貼って行うお灸ですので、心配はありません。

緑内障・承光・攅竹・天柱

また、そのほかに体にある症状をとることも大切です。体にある症状を改善して、健康な状態を保つことが何よりも大切だからです。

腹診や脈診を行い、不眠や便秘・下痢、肩凝りや腰痛など、その患者さんに現れている症状を丁寧に治療していきます。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.