Home » 鍼灸ニュース » アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , , ,

アレルギー性鼻炎について

「アレルギー性鼻炎」は、ダニや花粉などのありふれた物質に対して「免疫」の仕組みが過剰に働くために起こります。これらの物質を異物とみなして過剰に反応し、体内でその抗原に対する「抗体」が作られてしまうのです。

この抗体が「肥満細胞」の表面に結合した状謡で、再び同じ抗原が鼻の粘膜に入ると、その抗原は肥満細胞の表面の交代と結合します。すると、肥満細胞から「ヒスタミン」やロイコトリエン」などの化学伝達物質(ケミカルメディエーター)が放出されます。

化学伝達物質は鼻の粘膜の神経や血管を刺激して、くしゃみや鼻水を引き起こします。鼻の粘膜の炎症を引き起こすため、鼻の粘膜が腫れて花豆まりが起こるのです。

アレルギー性鼻炎の原因物質

症状

アレルギーを起こす物質(抗原)によって、鼻の中(鼻腔)の粘膜に炎症が起こるのが、アレルギー性胃炎です。「くしゃみ」「水っぽく、さらさらした鼻水」「鼻づまり」が3大症状とされます。

また、症状が起こる時期によって、2つのタイプに分けることができます。

・通年性…一年中症状が起こります。「ハウスダスト(ほこり))やダニ、カビ」などが主な原因です。

・季節性…特定の時期に症状が起こります。「杉、ヒノキ、ブタクサ、稲」などの花粉が主な原因で、花粉の飛ぶ時期だけ症状が現れる、いわゆる「花粉症」がそれに当たります。

検査と診断

問診では、症状や症状の現れる時期、家族歴などを確認します。「鼻鏡」を使って鼻腔内の状態も確認します。

アレルギーによるものかどうかを見るのに重要なのが、鼻水に含まれる「好酸球」の量を調べる「鼻汁好酸球検査」です。好酸球とは、アレルギーがあると増える白血球の一種です。血液中の好酸球の量を調べることもあります。

抗原を調べるには、皮膚や鼻の粘膜に抗原の可能性があるものを付着させて反応を見る「皮膚テスト」や「粘膜誘発テスト」を行います。血液中の抗体の量も調べます。

また、エックス線撮影でほかの病気の有無を調べることもあります。

西洋医学的治療

治療は、症状を抑えることを目的に行われます。

抗原の除去が治療の基本

こまめに掃除をしてダニやほこりを除去するなど、日常生活の中で抗原を除去する対策をとります。

薬物療法

重症度や症状に応じて、薬を選択します。化学伝達物質の作用を抑える薬や、化学伝達物質の放出を抑える「ケミカルメディエーター遊離抑制薬」、肥満細胞に結合する抗体の産出を抑える「Th2サイトカイン阻害薬」などが使われます。炎暑を抑える「ステロイド薬」を点鼻薬として用いることもあります。

減感作療法

原因となっている抗体を少しずつ注射して、体を抗原に慣らし、アレルギー反応を起こしにくくする治療法です。

治療に2~3年はかかりますが、長期間にわたってアレルギー反応を抑える効果が期待できます。薬で症状のコントロールが難しい場合や、薬を飲みつづけるのが苦痛だと感じる場合に検討します。

手術

薬物療法の効果が十分でない場合に検討されmす。

主に鼻づまりを解消するために行われ、鼻腔内の腫れている部分を切除したり、レーザーなどで焼いて小さくしたりします。

鍼灸治療

アレルギー性鼻炎に対しての鍼灸治療では対症療法と体質改善を行っていきます。

まずはアレルギー性鼻炎について詳しく問診をとります。鼻がどのような状態なのか、いつから、どの時期に症状が現れやすいのかなどを聴くことになります。

ちなみに鼻づまりについてですが、人間の体には鼻の穴は2つありますが、必ずどちらかの鼻の穴は詰まっています。おおよそ数時間ごとに交互にどちらか片方の鼻の穴で呼吸をしているのです。そのため、鼻づまりはその瞬間どちらが詰まっているのかではなく、ずっと片方の鼻の穴が詰まっている感じがあるかどうかが問題となります。

アレルギー性鼻炎の原因となっている物質がある場合は、病院で検査を受けて調べてもらうこともあります。原因が明らかであれば、日常生活の中でそれに触れないように指導を行います。また、物質だけではなく、温度変化も原因となることもあります。

鍼灸治療として、対症療法は早めに症状が落ち着くように、体質改善は今後アレルギー性鼻炎が出にくくなるようにするために行います。

体質改善の中でも重要なのが胃腸の調子についてです。花粉症などがある人でも、「食べすぎると花粉症の症状が強く出やすい」ということがよくあります。これは胃腸の消化吸収の働きに負担がかかり、その影響で体の弱いところに様々な症状が現れやすくなるためです。食事は腹八分にすることも大切で、治療によって胃腸を丈夫にすることも必要です。

お腹の真ん中にある「中脘」や足の脛にある「足三里」というツボに鍼や灸を行っていきます。背中の背骨のそばにある「胃の六つ灸」に灸をすえることもあります。

そのほか、便通の改善や睡眠の状態をよくしたり、そのほかにある症状を治療していきます。

そして、鼻炎に対しては、鼻の上方にある「上星」や頭のてっぺんにある「百会」、鼻の横にある「四白」などのツボが効果があります。鍼も効果がありますが、上星や百会などにはお灸を熱さを感じるまで何壮もすえることもあります。

アレルギー性鼻炎・上星・百会・四白

対症療法と体質改善を組み合わせて、継続して治療を行うことで鼻炎が起こりにくい体へと変わっていきます。

症例

50歳代・女性

数年前から急に花粉症となってしまった患者さん。それまでは全然症状は出ていなかったため、まさか自分もなるとは思わなかったと言っています。

問診で話を伺うと、春になると鼻水がよく出るようになったといいます。ただ、くしゃみや眼の症状というのはそれほどないようで、病院では治療は受けられていないといいます。そのため、原因物質がはっきりと特定されていない状態です。

鍼灸治療でマシになるならやってみようということで、治療を行うことになりました。

鼻の上方で髪の毛の生え際を少し上に入ったところに「上星」というツボがあります。ここを指で押さえてみました。すると指で押さえている間は鼻水が出にくく、鼻づまりもマシになり鼻呼吸しやすいといいます。

そこで、上星に対して鍼を刺し、15分ほど置鍼を行いました。それと同時に腹診や脈診を行い、全身の治療も行っていきます。

どうやら胃の調子もあまりいいようではありません。中脘や足三里、胃の六つ灸などに対して灸点紙というシールを貼り、その上から3壮ずつお灸をすえていきました。

さらに、肩の凝りもきついため、その治療も行います。

上星への鍼を行うと、その後鼻の通りがよくなり、鼻水の量も数日間マシになるということでした。この治療を継続して定期的に行っていると、翌年の春になった際に「今年は花粉症の症状は出ていますか」と聞くと、「春になってから鼻水は出てるけど、ここ数年のなかではマシなほうだと思う」とおっしゃっておられました。

1年前の時よりも胃の不調も訴えないようになっておられたので、全体的に体の調子が良い状態を保てているのだろうと感じました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.