Home » 鍼灸ニュース » 歯周病

歯周病ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , ,

歯周病について

歯を支える「歯周組織」は、歯茎の「歯肉」、歯の根元を覆う「セメント質」、歯を支える「歯槽骨」、セメント質と歯槽骨の間でクッションの役割をしている「歯根膜」の4つの組織からできています。「歯周病」は歯周組織が壊れる病気で、「歯肉炎」から「歯周炎」へと進行します。

歯肉炎の段階では歯肉が赤く腫れる程度ですが、歯周炎の中等度になると、歯肉が後退して歯がぐらつき始めます。重度になると、歯肉の後退が進んで、歯が抜けることもあります。ゆっくりと進行し、気づいたら悪化していることも少なくありません。

歯周病の進行

どうして起こるのか

口の中には300種類以上の細菌が住んでいるとされ、その中で歯周病の原因となる数種類の細菌を「歯周病菌」と呼びます。多数の細菌と歯周病菌が集まって固まり、歯に付着したものが「プラーク(歯垢)」です。

空気を嫌う歯周病菌は、歯と歯肉の間にある隙間にプラークとしてたまり、歯周組織を破壊しながらさらに奥へ入ろうとします。プラークを放置すると、歯周組織に炎症が起こって歯周組織が壊れ、歯が抜けてしまいます。

歯周病は細菌が原因となる感染症であると同時に、「生活習慣病」でもあります。例えば、「きちんと歯を磨いていない」「甘いものをよく食べる」ような生活だと、歯周病菌が増えやすくなります。喫煙も歯周病を悪化させます。

歯周病の全身への影響

歯周病は、全身に悪影響を及ぼす場合もあります。

・誤嚥性肺炎…食べ物や唾液が誤って気管に入る「誤嚥」によって歯周病菌が肺に入り、肺で炎症を起こします。

・動脈硬化…病巣から歯周病菌が見つかることがあり、動脈硬化の進行要因の一つと考えられています。

・糖尿病…歯周病菌が作る物質が、糖尿病を悪化させるとされています。

・早産、低体重児出産…歯周病菌が作る物質が陣痛を促し、早産を招いたり低体重児出産を起こしやすくしたりするとされています。

検査と診断

医療機関では、歯槽骨がどの程度溶けているかを推測するために、歯と歯肉の間に器具を挿入して、歯と歯肉の間にできた「歯肉ポケット」や「歯周ポケット」の深さを測ります。また、歯科医師が指や器具で患者さんの歯を揺らし、歯のぐらつきの程度を調べます。歯槽骨がどの程度溶けているのかを調べるために「エックス線撮影」を行います。

これらの検査で、歯周病の有無や進行の程度を調べます。

西洋医学的治療

どの段階でも必要なのが、プラークを取り除く「プラークコントロール」です。

患者さんが自分で行うのが、ブラッシングです。歯科では「スケーラー」という器具で、歯肉の縁や歯周ポケットの中のプラークや、プラークが石灰化した「歯石」を取り除いたり(スケーリング)、歯根面のプラークや歯石を除去する「ルートプレーニング」を行います。

 

外科手術

歯周ポケットが4mmを越えると、外科手術が必要となります。中等度以上の歯周炎が主な対象です。大きく分けて「フラップ手術」と「再生療法」があり、重度の歯周炎では「抜歯」が検討される場合もあります。

健康な状態に完全に戻せるのは歯肉炎までですが、歯周組織の再生を促す再生療法の登場で、ある程度進行した歯周病でも歯が抜けるのを防げるケースが出てきています。

現在は再生療法として「GTR法」と、動物の歯のもとにある「歯胚」から作られた「エナメルマトリックスたんぱく」を使用する方法が行われています。外来で治療可能で、手術時間は1~2時間程度です。歯周組織の再生には6~12か月程度かかります。

予防

歯周病の予防や、治療後の再発予防には、食後の歯磨きや生活習慣の改善でプラークをためないことが大切です。

「よく噛んで食べる」「甘いものを控える」「禁煙」「ストレスをためない」などの点に気をつけましょう。もっとも重要なのは、しっかりと正しい歯磨きを毎日行うことです。

歯周病の歯磨き法

鍼灸治療

ある歯科医院では治療を行う前に歯磨きなどの患者さんが自分で行うメンテナンスのやり方を1カ月以上かけて指導するというところがあります。いくら歯医者で歯石や歯垢をとったところで、毎日患者さん自身が手入れをさぼっていれば全く意味がないからです。それぐらい歯周病に対しては「患者さんが自分で自分の歯のメンテナンスを行う」ということが大切になるのです。

鍼灸院でも歯周病を訴えられる患者さんには歯磨きのやり方やその重大性を説明します。その上で、歯肉や歯周の炎症や腫れに対して治療を行っていきます。

「歯茎が腫れている」「歯が少しグラグラする感じがある」「歯茎に痛みがある」という場合に用いるツボがあります。脚の後ろ側で、かかとの上にあたるところにある「女膝」というツボです。ここに灸をすえていきます。米粒の半分くらいの大きさのもぐさをすえるのですが、それによって炎症が抑えられ、歯肉が引き締まります。

歯周病・女膝

それ以外にも手の甲にある「合谷」というツボも歯茎の治療によく用います。ここは鍼も灸もよく効きます。

また、歯周病により顔が腫れぼったかったり、痛みがあるようなときには、痛むところへ鍼をします。鍼は数mmほど刺して、しばらく刺したままにする置鍼を行います。10~15分ほど置鍼を行うことが多いです。

口の中の状態には「唾液」の量なども関係しています。最近は口が開いた状態になっていて口腔が乾燥している人などもいます。唾液は消毒・殺菌の働きもあるのですが、乾燥することによって歯周病菌が活性化してしまいます。顎にある「頬車」というツボに鍼を行い、唾液が出やすく、量が増えるように治療を行うこともあります。

症例

60歳代・男性

肩凝りで来院されていた患者さん。ある日、「実は歯茎も痛みがある」と症状を訴えられました。

以前より、左の下歯茎に違和感があり、弱い痛みがずっとあるようです。口腔を見ると少し腫れがありました。

歯茎の痛みや違和感というのは肩凝りを引き起こす要因ともなります。また、肩が凝ることによって歯の痛みを感じやすくなるということもあります。そこで、それまでの肩こりの治療と合わせて歯茎の治療も行うことにしました。

まずは顔を指で押さえて痛みのあるところを探します。「そこだ!」というところへ鍼を置鍼しておきました。

さらに腕でも治療点を探します。ここでも指で押さえながら圧痛があるところを探しました。この方の場合は、合谷よりも肘の下方にある「手三里」に反応が出ていたので、ここへも置鍼を行います。そして、肩凝りに対しても治療を行っていきました。

その後、来院された際に歯茎について尋ねました。すると鍼をした後は楽な状態が続いていたようです。しかしまだ、違和感があるといいました。歯茎が腫れていることので、しっかりと歯磨きをするように指導しなおして、また同じように治療を続けていきました。

それ以降は、歯に痛みは出ていないようで腫れも改善された状態が続いています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.