Home » 鍼灸ニュース » 心不全

心不全ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , ,

心不全とは

「心不全」とは、心臓の働きが低下した状態のことで、急激に起こる「急性心不全」と、徐々に進行する「慢性心不全」があります。急性心不全は、循環器や呼吸器の急性の病気から起こることが多く、突然死の原因にもあります。

どの心臓病も、悪化すると最終的には心不全に至ります。一方で、「甲状腺の病気」や重症の「貧血」など、心臓以外の病気が原因となることもあります。

初期は代償機能が働く

心臓の機能が低下すると体は心臓の働きを補おうとします(代償)。心臓は送り出す血液を増やそうと肥大し、拍動数を増やします。進行すると、心臓や肺などの臓器に優先して血液を送り、皮膚や腎臓などの血液量を減らします。

さらに進行すると、血液の拍出量が減って十分な血流量を保てなくなります。血液を送り出す機能も低下し、肺や肝臓などの臓器や体の各部分で血流が滞って、さまざまな症状が現れるのです。

症状

「動悸」「息切れ」「倦怠感」「手足の冷え」「夜間頻尿」「脚のむくみ」「食欲不振」などの症状が起こります。肺のうっ血が起こると、横になると息苦しく、上体を起こすと楽になる「起坐呼吸」が現れます。

心不全の症状

検査と診断

心臓の大きさや肺の状態が分かる「胸部エックス線撮影」が重要です。心臓の状態を見る「心電図検査」や「心エコー(心臓超音波検査)」なども行われます。確定診断のためには「心臓カテーテル検査」を行います。

西洋医学的治療

急性の場合は、救命を目的とした治療が行われます。

慢性の場合は、原因となっている病気を治療して、心不全の進行を押さえます。症状の改善や進行予防のために「利尿薬」「β遮断薬」「アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬」「強心薬」などによる薬物療法も行われます。

過労を避けて減量や減塩、禁煙、接種に努め、心臓への負担を減らすことも大切です。

効果が見られない場合は、「ペースメーカー」を植え込む手術などを検討します。

鍼灸治療

鍼灸治療では慢性心不全に対して治療を行います。主に症状を改善して、心不全の進行を防ぐことが目的となります。

動悸や息切れには胸の中央にある「膻中」というツボを使用します。ここにしばらく鍼を刺しておく置鍼を行います。胸が痛むという場合にはどこが痛むのかを確認して、その部へ鍼を行うこともあります。

また心不全に現れる脚のむくみに対しては、「三陰交」へ灸頭鍼を行います。鍼の上にもぐさを付けて温めることで、鍼と灸の効果を同時に出すことができます。これは体の冷えに対しても有効です。ほかに、内くるぶしの下にある「照海」もむくみを改善してくれます。鍼も灸も効果があります。

心不全・三陰交・照海

夜間頻尿に対しては、かかとの真ん中にある「失眠」というツボに灸をすえていきます。この失眠は熱さを感じるまで何壮も灸をすえたほうが効果が上がります。頻尿を治す効果のほかにも、不眠に対しても効果のあるツボですので、高齢者などにはよく使用します。

食欲不振にはお腹や背中のツボを使います。特に背中で胃の裏のあたりにあるツボは「胃の六つ灸」とも呼ばれ、胃腸の調子をよく整えてくれます。

このように患者さんに現れている症状を一つずつ丁寧に治療していくことで、体全体を良い状態に保ち、心臓へ負担がかからないようにしていきます。そうすることで慢性心不全の進行を少しでも遅らせることができます。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.